1. 無料アクセス解析


logo_black.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジェフ・ベック/大人のギタリスト講座12。

00jeffbeck.jpg
携帯用画像はこちら


満を持しての、ジェフ・ベック

60年代にはヘヴィ・メタル、サイケデリック・ミュージックへ貢献。
70年代はジャズ、フュージョン・ロック発展の中心を担った。
ロック・ギタリスト史上、最も尊敬され最も影響を与えた逸材である。

ジェフ・ベック(ジェフリー・アーノルド“ジェフ”ベック)は1944年6月24日に英国イングランド、サリー州ウォリントンにて生を受けた。
52年、8歳のとき両親によってピアノのレッスンを受けさせられたという。
「黒鍵を一枚ひっぺ返してやったんだ。そしたら、母親がやっと僕がピアノ嫌いだって気づいたんだ」
この頃、幼いベックは教会の聖歌隊で歌い、チェロも弾いていたがどちらにも馴染めなかった。

03jeffbeck.jpg
携帯用画像はこちら


ジェフ・ベックが最も多大な影響を受けたのが、ジーン・ヴィンセント・アンド・ザ・ブルー・キャップスで、13歳の頃、映画『The girl can't help it』のポスターを見て、自作ギターを組み立てる。むろん音楽面でもブルー・キャップスのギタリスト、クリフ・キャップスから影響を受け、36年後の93年にはジーン・ヴィンセントのカヴァーを集めてギャラップに捧げたアルバム『Crazy Legs』を発表しているほどである。

とりわけ、ジェフ・ベックにこれらの影響を与えた張本人はロックンロール好きな姉であり、エディ・コクラン、ジェイズ・バートンがいる頃のリッキー・ネルソン、バディ・ホリーなどをベックに聴かせていた。
因にこの姉が、まだアマチュアだったジミー・ペイジにベックを引き合わせている。

そんなジェフ・ベックが、初めて演奏したのは地元の縁日の広場だったという。
演奏したのはエディ・コクランの曲。
やがて、ブッカー・T&MG'sを知るや一気にソウル・ミュージックに傾倒し、さらにブルースへとハマりバディ・ガイオーティス・ラッシュに深くのめり込む。

04jeffbeck.jpg
携帯用画像はこちら


1963年、トライデンツに参加。
この頃は、当時としてはかなりトリッキーでソフィスティケイトされたスタイルを持っていたレス・ポールに親しんでおり、エレクトリック・ギターの可能性やエフェクターへの興味を刺激されていた。
後のアルバム『Jeff's Boogie』の中のフレーズから、レス・ポールの影響を聴くことができる。

1966年、エリック・クラプトン脱退後のヤード・バーズに参加。アメリカ・ツアー開始2週間で脱退。

01jeffbeck.jpg
携帯用画像はこちら


02jeffbeck.jpg
携帯用画像はこちら


1968年、ロッド・スチュアート、ロン・ウッドとともにジェフ・ベック・グループを結成。
1stアルバムはアメリカで大成功を収めるが、カー・レース事故により18ヶ月間活動を停止する。

1972年、ブッカー・T&MG'sのギタリスト、スティーブ・グロッパーをプロデューサーに迎え、新生ジェフ・ベック・グループとして『JEFF BECK GROUP』を発表、同年暮れにはバンドを解散し、ベック・ボガード&アピスを結成。

1975年、初のインストゥルメンタル・アルバム『BLOW By BLOW』を、ビートルズのプロデューサーとして知られたジョージ・マーティンととも制作。このアルバムはインストにも関わらず米国でゴールド・ディスクを獲得。さらに一年後『WIRED』を発表し、ジャズ畑ではないロック・ギタリストとして“フュージョン”を世に知らしめた。

以後、ソロで多方面のミュージシャンとコラボレートしながら活動している。
90年代には、ブルガリアン女性合唱団やベトナムのフルート・ミュージックにも傾倒し、さらに新しい音楽を見いだそうとした。

06jeffbeck.jpg
携帯用画像はこちら


ジェフ・ベックのギター・テクニックを安易に真似できない由縁として、ボーカル、管楽器、ハーモニカのようなフレーズ、弦を持ち上げはじく“プラッキング”を駆使したパーカッシブなスタッカート、フィードバック&ハーモニクスなどがあり、それら全てが合致してベックならではの技となっている。
なんといっても彼の十八番は、プリングによる3連符や半音階でのオクターブの上昇、スラー、チョップ奏法による装飾音、トレモロ・アーム使いも巧みでアーム・ダウンで鳴らしながらリターン、アーム・アップしながらアクセントをつけスタッカートさせた音を弾いたり、アーミング・ヴィブラートを使ってスライド・ギターやハーモニカの音を真似たり、ボリューム・ノブを回しながらのヴァイオリン奏法など、現在のロック・ギターの原点となる奏法が詰まっている。

ジェフ・ベックが最初に手にしたギターは、たった一本しか弦を張っていない友人から借りたアコースティック・ギターだった。
これは後に彼を敬愛するガンズのスラッシュが真似ている。
そして、13歳で組み立てたエレクトリック・ギターは、
彼曰く「派手な黄色に塗ってあって、配線やツマミがむき出しでケースにも入らず持ち歩いていたから、それこそみんなぶったまげたものさ」というものだった。

61年のデルトーンズでは、ローズ・ウッドのストラトキャスターを手にしていたが、プロとしてふさわしい最初のギターは、ザ・ウォーカー・ブラザーズのジョン・ウォーカーから買ったフェンダー・エスクワイヤーだった。
ヤード・バーズでは、テレキャスター、ジャズ・マスター。
さらに当時ジョン・メイ・オールと演奏していたクラプトンに影響され、ギブソン・レスポールをジェフ・ベック・グループの頃まで弾いていた。

以後、ストラトキャスターとレスポールを弾きこなしていたが、現在はストラトキャスターをフェイバリット・ギターとしているようだ。
1990年には、彼の協力でフェンダー・ジェフ・ベック・モデルも発売された。
彼がアコースティック・ギターを弾く機会は滅多になかったが、ミック・ジャガーの『Just another Night』でのソロに、ギブソンJ-200を使っている。
使用弦は、アニー・ボール・ハイブリット・スリンキーの.009、 .011、.016、.026、.036、.046。
1980年を境にピックを使わず、フィンガー・ピッキングで演奏していることもベック・サウンドの特徴である。

05jeffbeck.jpg
携帯用画像はこちら


ジェフ・ベックがライブで使用するアンプは、ボックス、マーシャルのいずれか。
ヤード・バーズでは、2台のボックスAC-30とボックス・トーン・ベンダー・ファズ・ボックスを使用。稀にボックス・スーパー・ビートルも使った。
ジェフ・ベック・グループでは、マーシャルの100wスタック。
ベック・ボガード&アピスでは、ユニ・ボックスのスピーカーをつけたサンのアンプと“バッグ”と称するトーキング・モジュレーターを使用。
以後はマーシャル使いとなっている。
また、ジェフ・ベックはエフェクターをほとんど使用しないことでも知られ、80年にアイバニーズのブースターとTycobrahe Paraflanger。
あとは『Guiter Shop』のツアーで、ラットのディストーション、ボスのデジタル・ディレイdd-3を使っていたのみであった。

頑固に流行への追従に抗い、常に自らの音楽生のみを向上させてきたジェフ・ベックの匠的な音楽アプローチが、現在のロック・ギター・スタイルの王道としてフォーマットされていることは、これからのロック・ギター・キッズにとってこの上もない贈り物である。
その偉業はジミ・ヘンとともに永延に語り継がれることであろう。

そのジェフ・ベックは、ジミ・ヘンと交遊があり、ステージを見た衝撃から、
『マジで、廃業を考えたよ』
と、語っていたそうだ……。



●The Yardbirds-Train Kept a Rollin'(1966Live)

●The Yardbirds/Beck&Jimmy Page-Happenings ten Years Time Ago (1966Live)

●Jeff Beck Group & Rod Stewart-Shepe of Things(Live)

●beck,Bogert & Appice-Superstition(Live)

●Beck,Clpton,BB King,Buddy Guy-Sweet Little Angel(Live)

●Blow by Blow/Cause We've Ended as Lovers(Live)

●WIRED/Blue Wind(Live)

●Jimmy Page,Jeff Beck,Eric clapton-Stairway to Heaven(1983live)

●Jeff Beck and Vinnie Colaiuta Stratus(2006Live)

●Beck's Bolero(2006Live at Fuji)






Blog Ranking
←Click! We Love “ROCK”!!


テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

  1. 2007/05/15(火) 18:58:29|
  2. 大人のロック。
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:8
<<チャック・ベリー/大人のギタリスト講座13。 | ホーム | スラッシュ(ガンズ・アンド・ローゼス)/大人のギタリスト講座10。>>

コメント

なんで?!

ちょうど考えてた時に、ジェフ・ベック!
すごい、すごすぎる。ほんまに大好きや。
  1. 2007/05/15(火) 22:33:24 |
  2. URL |
  3. A・Y #piS9xoeY
  4. [ 編集]

Re:なんで?!

A・Yさん

>ちょうど考えてた時に、ジェフ・ベック!
すごい、すごすぎる。ほんまに大好きや。

いつも、ありがとうございます。
キースやベック好きということは、決してお若い方ではありませんよね?(笑)

これからも、大人のロック、宜しくお願い致します♪

  1. 2007/05/16(水) 12:18:27 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

豆腐

こんばんわ!
帰宅して早速、【天国への階段】を視聴している者です。
ジミー・ペイジのソロはヨレヨレですが(^^)

やっぱり豆腐には純米酒ですね!(←何のこっちゃ)
子供の頃は豆腐なんか金を払ってまで食べたい物では
ありませんでしたが、今では何か好きになってしまいました。
千切りにしたザーサイなんかも合うんですよね(←商売の宣伝 ^^;)
梅肉なんかも意外と合いますが、何も無い時は
ドレッシングなんかでも旨いです(←貧乏人が!)

Shapes Of Things はやっぱり格好良いですね!
ゲイリー・ムーアが演ったヴァージョンは好きではないのですが、
ジェフとロッドのコンビは最高でした!!

ゲイリーといえば、【The Loner】という名曲を持ち歌(?)にしていましたが、
元々はジェフ・ベックの為に書かれた曲だったそうですね。
コージー・パウエルのソロ・アルバムでその曲を弾いているのも
Dave Clempson とかいう人ですし・・・。
あんなに良い曲を気に入らなかったのでしょうかねぇ?(^^)

http://www.youtube.com/watch?v=SaaLtblfiN0&mode=related&search=
コージー在籍時の映像ですが、皆さん若いですねv-218
  1. 2007/05/16(水) 19:12:15 |
  2. URL |
  3. JIM #mQop/nM.
  4. [ 編集]

懐かしい

YouTubeを検索してたら懐かしい動画を
見つけたので連続投稿させて頂きます!

http://www.youtube.com/watch?v=vDBSIgxJYSs&mode=related&search=

http://www.youtube.com/watch?v=6nLdhXZb_z4&mode=related&search=

丁度【ピープル・ゲット・レイディー】がヒットしていた頃だと思いますが
日本の野外フェスティバルでカルロス・サンタナと共演し、
スティーヴ・ルカサーもゲスト参加した事があったんですよね。
TVで放送されたので、録画して昔はよく観ていました。
3人のサウンドがそれぞれ特徴的ですね!
  1. 2007/05/16(水) 19:24:58 |
  2. URL |
  3. JIM #mQop/nM.
  4. [ 編集]

Re:豆腐

Z I Mさん

>こんばんわ!
帰宅して早速、【天国への階段】を視聴している者です。
ジミー・ペイジのソロはヨレヨレですが(^^)

ですね~!
ラストのベックとクラプトンが異常に上手く見えますね(笑)。

>やっぱり豆腐には純米酒ですね!(←何のこっちゃ)
子供の頃は豆腐なんか金を払ってまで食べたい物では
ありませんでしたが、今では何か好きになってしまいました。
千切りにしたザーサイなんかも合うんですよね(←商売の宣伝 ^^;)
梅肉なんかも意外と合いますが、何も無い時は
ドレッシングなんかでも旨いです(←貧乏人が!)

J i Mの仕事は中国食材関係なんですか??
ザーサイもメンマも常に常備している者です♪

>Shapes Of Things はやっぱり格好良いですね!
ゲイリー・ムーアが演ったヴァージョンは好きではないのですが、
ジェフとロッドのコンビは最高でした!!

しかし、YouTube恐るべしです!
かなりのお宝ですよね~♪

>ゲイリーといえば、【The Loner】という名曲を持ち歌(?)にしていましたが、
元々はジェフ・ベックの為に書かれた曲だったそうですね。
コージー・パウエルのソロ・アルバムでその曲を弾いているのも
Dave Clempson とかいう人ですし・・・。
あんなに良い曲を気に入らなかったのでしょうかねぇ?(^^)

ベックとゲイリーとはまた、都会のボンボンと田舎の兄ちゃんなぐらい異質ですが、彼等はどこかで接点はありましたっけ??

http://www.youtube.com/watch?v=SaaLtblfiN0&mode=related&search=
コージー在籍時の映像ですが、皆さん若いですねv-218

あ、これ僕もチェックしてましたよ~!
ベックの動画はきりがないので、リンクしませんでしたが(笑)。
  1. 2007/05/18(金) 14:34:32 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

Re:懐かしい

J I Mさん

>YouTubeを検索してたら懐かしい動画を
見つけたので連続投稿させて頂きます!

http://www.youtube.com/watch?v=vDBSIgxJYSs&mode=related&search=

http://www.youtube.com/watch?v=6nLdhXZb_z4&mode=related&search=

丁度【ピープル・ゲット・レイディー】がヒットしていた頃だと思いますが
日本の野外フェスティバルでカルロス・サンタナと共演し、
スティーヴ・ルカサーもゲスト参加した事があったんですよね。
TVで放送されたので、録画して昔はよく観ていました。
3人のサウンドがそれぞれ特徴的ですね!

これも、チェックしてました~(笑)。
サンタナ、ルカサーはそのうち取り上げるつもりなので、とっておきました。。
ありがとうございます。
J I Mさんはこの3人なら、誰が好みなんですか?
  1. 2007/05/18(金) 14:39:15 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

お姉さんですか!

お姉さんの影響が大きかったのですね!
カブリエル氏もお姉さんの影響があったようですから、
いいギタリストの条件は、ロック好きな姉を持つということでしょうか(笑)
私はロック好きな姉はなく、私がロック好きにさせた妹がおります。
彼女はBon Joviが好きになったのですが、
いつの間にか「ルックスがいい」からという理由にすりかわり、
当時私は嘆いておりました(苦笑)

ところで、早速トラックバックさせていただきました!
  1. 2007/05/20(日) 16:47:23 |
  2. URL |
  3. Penguinland #-
  4. [ 編集]

Re:お姉さんですか!

pemguinlandさん

>お姉さんの影響が大きかったのですね!
カブリエル氏もお姉さんの影響があったようですから、
いいギタリストの条件は、ロック好きな姉を持つということでしょうか(笑)
私はロック好きな姉はなく、私がロック好きにさせた妹がおります。
彼女はBon Joviが好きになったのですが、
いつの間にか「ルックスがいい」からという理由にすりかわり、
当時私は嘆いておりました(苦笑)

ジミー・ペイジの頁では、妹と書いてしまい、慌てて修正しました(笑)。
どうも、昔の音楽雑誌は翻訳が曖昧で、資料に翻弄されてしまいます(苦笑)。

>ところで、早速トラックバックさせていただきました!

ありがとうございます♪
  1. 2007/05/21(月) 11:17:37 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/tb.php/85-ec76843e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Jeff Beck - Blow by Blow

Blow By Blow アーティスト: Jeff Beck 出版社/メーカー: Epic Records 発売日: 1975/3 メディア: CD 前回の Jimmy Page
  1. 2007/05/20(日) 16:37:33 |
  2. PENGUINLAND

GBのコンパクトなボディは、ステージに立っていても快適にプレイできるように設計されました。また不必要なフィードバックを抑えるためにトップ材は厚いものが使われています。更にフローティング・ピックアップはボディの振動を妨げずウォームなサウンドをもたらす効果と余
  1. 2007/07/21(土) 10:40:02 |
  2. アイバニーズをたくさん集めました

【オリジナルビギナーズセット ◆ 税込・送

ギター本体、ギターアンプ(FERNANDES VL-10)、チューナー(KORG GA-30)、ストラップ、ピック、ケーブルをセットにしたエントリーセットです。ラウドミュージックからサーフサウンドまで幅広い層から人気のジャズマスター。オリジナルシングルコイルの透明感のあるサウン
  1. 2007/08/11(土) 14:46:24 |
  2. フィルターがすごくよかった

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Contents

全ての記事を表示する

プロフィール

noodles2

Author:noodles2
ブラックストライプへようこそ!
ロックとロックな生き方を愛し、模索する1957年生まれ。
大人になれないオヤジのロック・レビューです。


↓ここのTシャツがお気に入り!


デザインTシャツ人気ランキング

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。