1. 無料アクセス解析


logo_black.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スラッシュ(ガンズ・アンド・ローゼス)/大人のギタリスト講座10。

00slash’s.JPG
携帯用画像はこちら


スラッシュ(サウル・ハドソン)は、1965年7月23日英国ロンドン、ハムステッドに生を受けた。
イギリス系ユダヤ人の父と黒人の母との間で、11歳までストーク・オン・トレントで暮らす。
その後1976年に一家は米国カリフォルニア州ロサンジェルスに移住、レニー・クラビッツや俳優のニコラス・ケイジを排出したビバリー・ヒルズ高校に進学する。
1978年、13歳の頃に後のガンズ・アンド・ローゼスのドラマー、スティーブン・アドラーに出会いギターを弾き始める。

01slash’s.JPG
携帯用画像はこちら


スラッシュの最初のギターはクラシック・ギターで、ナイロン弦一本で弾いていた。
最初に手にしたエレクトリック・ギターは祖母からプレゼントされたもので、ギブソン・エクスプローラーの安価なコピー・モデルだった。
その後、メンフィスのレスポール・モデル、B.C.リッチのモッキンバードとワーロック、フェンダー・ストラトキャスター、ジャクソン・ファイアーバード・モデル、シャーベルなどを所有したが、ドラッグ中毒の代償として消えてしまった。

15歳のときには、ギターに専念するためハイ・スクールを中退。
1985年、ガンズ・アンド・ローゼス結成。87年に同バンドのメンバーとしてデビュー。

03slash’s.jpg
携帯用画像はこちら


ガンズで活躍していた頃、80本以上のギターを所有していたといわれ、ライブでのメイン・ギターは85年にリイシューされたギブソン・レスポール・スタンダード。
これは、ガンズを始めたころからメインで使っていた。
1995年、アクセル・ローズとの不仲でガンズを脱退。
現在はヴェルヴェット・リヴォルヴァーで活動中ではあるが、僕にはガンズの延長にしか見えないし、なによりヴォーカルが癌である……。

04slash’s.jpg
携帯用画像はこちら


70年代に育ったスラッシュも、ご多分にもれず当時ポピュラーだったHR/HMに影響された。
影響を受けたギタリストは、ツェッペリンジミー・ペイジストーンズのミック・テイラー。

次いで、エディ・ヴァン・ヘイレンとジェフ・ベックから影響受けた。
エディ・ヴァン・ヘイレンがシーンに登場した頃が、スラッシュがギターを始めた頃で、
「エディがどのくらい上手いとか、ヴァン・ヘイレンがいかに凄いのかは、意識しなかった。ただ、連中のサウンドがかっこよくて、なんかエネルギーを分けてもらえた気がしたんだ」と語っており、実際彼は、こだわりを持たず好きなようにプレイしていた。

聴いていたのは、エアロスミス、テッド・ニュージェント、チープ・トリック、ザ・フーブラック・サバスだったといわれ、とりわけエアロスミス『ロックス』、チープ・トリック『チープ・トリックat武道館』、UFO『UFOライブ』などを聴きながら独学で1日12時間以上練習していた。
そうしてギターの腕が上達してくると、ほどんどの練習時間をジェフ・ベックの完コピに費やす。

その後、メタリカやメガデス、フィアーやセックス・ピストルズなどのスピード・メタル、パンク・バンドに興味を持ち、後にプロデュースを手がけたガンズの『The Spaghetti Incident?』で、彼のパンク好きを証明している。
これは彼が70年代ハード・ロックの臭いを発しながらも、80年代的な先進性を併せ持つ由縁である。

05slash’s.JPG
携帯用画像はこちら


スラッシュのギター・スタイルは上記影響から、ブルースやハーモニック・マイナー・スケールが基本であるが、通常のマイナー・ペンタトニック・スケールで構成したソロを“ブルース・ボックス・ポジション”で弾いたり、エオリアン・モード、ドリアン・モード、ミクソリディアン・スケール、ペンタトニック・メジャー・スケールで弾くこともあれば、メジャー・スケールをそのまま使ってメロディックなフレーズへ展開したりと、独学とはいえかなり先進的なセンスを併せ持ってもいる。

派手なタッピング、スウィーブ・ピンキング、アーミングといった80年代お約束の流行を無視し、70年代ギタリストのようなワイドでスピード感のあるヴィブラート・テクニックを信条としており、左手でプリング&ハンマリングしながら、右手をブリッジに乗せ弦をミュートしながらパーカッシブなサウンドを作り出すことが特徴的で、“ウエルカム・トゥ・ザ・ジャングル”のイントロなどにそれは顕著である。

06slash’s.jpg
携帯用画像はこちら


スラッシュは全てのギターを半音下げてチューニングすることでも知られ、弦はアーニー・ポール・スリンキーのレギュラー・ライト・ゲージ“.010、.013、.017、.026、.036、.046”のセットをダンロップ・トルテックスのパープル2ミリのピックで弾きまくる。
アンプはお約束のマーシャル!
ライブではセレッションのスピーカー4×12入りのマーシャル・シングル・キャビネット。
また、スタジオではワウ・ペダル以外のエフェクターを使うことを嫌い、ギター→アンプのトーンにこだわっていた。
ステージ上では、グラフィックEQ、ヘイルのトーキング・モジュレーター、EMBオーディオのヴォルテージ・コントロール付き特注ワウ・ペダルを使用し、少量のディレイ、エコーはミキシング・ボードでかけ、ネイディー1200・ワイヤレス・システムで演奏していた。

以前もふれたが、グラミー賞で盗難にあったトレード・マークのトップ・ハット、ジミー・ペイジばりにレスポールを腰の位置で弾くスタイル。
あるいは、レスポールのピック・ガードを外すスタイルはプロ・アマ問わず影響を与え、B'Zの松本孝弘なども真似たほどである。

スラッシュのいるガンズ・アンド・ローゼスこそ、ヴァン・ヘイレンに続き僕が最もオリジナル・メンバーでの復活を願うバンドの一つである……。

●Guns N' Roses、Slash's guitar solo(Live)

●Guns N' Roses、Slash's guitar solo-Godfather Theme(Live)

●Slash-Hey Joe Jimi Hendrix Tribute

●Guns N' Roses 、Knockin'on Heaven's Door(Live)

●Guns N' Roses 、Welcome to the Jungle(Tokyo Live)

●Guns N' Roses 、Sweet Child O'Mine(PV)

●Guns N' Roses-Interviews(Axl&Slash's)

●Velvet Revolver、Fall to Pieces(PV)

●Velvet Revolver、Slither(Live)

●Velvet Revolver、Do it for the Kids(Live)





Blog Ranking
←Click! We Love “ROCK”!!


テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

  1. 2007/05/01(火) 17:36:57|
  2. 大人のロック。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ジェフ・ベック/大人のギタリスト講座12。 | ホーム | ザ・フー/大人になれないオヤジのロック62。>>

コメント

おはようございます。
何故かレッドにコメントを入れられなかった者です(汗)
なのでこちらに・・・お誕生日おめでとうございます!

スラッシュが聴いていたミュージシャン達はなかなか
興味深いですね。
チープ・トリックが好きだったのか~。
そういえば、リック・ニールセンに通じるものがあるかも?
サバスはリフ作りに影響している気がします。
ベックを完コピしていたとは個人的に意外でした。

スラッシュのギターはロックの臭いがプンプンして
かっこ良いですよね~。
  1. 2007/05/02(水) 07:39:32 |
  2. URL |
  3. カブリエル #RDRaKwtQ
  4. [ 編集]

ガブリエルさん

>おはようございます。
何故かレッドにコメントを入れられなかった者です(汗)
なのでこちらに・・・お誕生日おめでとうございます!

あ、ありがとうございます!
レッドの方は、昔からの読者さん達も閉店したり、更新がまばらになったりと、極端にコメント数が減っております。
コメント数に一喜一憂するのにも疲れ、めげそうになるのでコメント&TBを無効にしました。。

>スラッシュが聴いていたミュージシャン達はなかなか
興味深いですね。
チープ・トリックが好きだったのか~。
そういえば、リック・ニールセンに通じるものがあるかも?
サバスはリフ作りに影響している気がします。
ベックを完コピしていたとは個人的に意外でした。

ですね~!
チープ・トリック懐かしいです。
このあたりはさすがにウィキペディアにも書いていないですね(笑)。
ベックは僕も意外でした。

>スラッシュのギターはロックの臭いがプンプンして
かっこ良いですよね~。

リンク動画の現バンド観ました?
アクセルもどきのボーカルに愕然とするも、思わず笑っちゃいましたよ。。
ダサくて(泣)。

  1. 2007/05/02(水) 17:55:50 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

Velvet Revolver って・・・

Velvet Revolver の映像って、初めて見たかも・・・。

>アクセルもどきのボーカルに愕然とするも、思わず笑っちゃいましたよ。。
ダサくて(泣)。

同感です。こんなボーカルだったんですね。
なんか物真似をするアマチュアみたい(!?苦笑)
バックの演奏はカッコいいのに残念です・・・。
下手ではないけど、HR/HWのスピリットを感じられない・・・。
  1. 2007/05/20(日) 17:25:50 |
  2. URL |
  3. Penguinland #-
  4. [ 編集]

Re:Velvet Revolver って・・・

penguinlandさん

>Velvet Revolver の映像って、初めて見たかも・・・。

>アクセルもどきのボーカルに愕然とするも、思わず笑っちゃいましたよ。。
ダサくて(泣)。

同感です。こんなボーカルだったんですね。
なんか物真似をするアマチュアみたい(!?苦笑)
バックの演奏はカッコいいのに残念です・・・。
下手ではないけど、HR/HWのスピリットを感じられない・・・。

そうなんです!
スラッシュのギターだけは、相変わらずなんですが。。
それだけ、アクセルの存在感が大き過ぎるということなんでしょうね。。。

  1. 2007/05/21(月) 11:23:03 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

スコットウェイランドの魅力が分からないなんて、よっぽどセンスないんだね。ストーンテンプル聴いてみなよ。
  1. 2009/01/28(水) 12:32:49 |
  2. URL |
  3. 移民の詩 #-
  4. [ 編集]

移民の詩さん

>スコットウェイランドの魅力が分からないなんて、よっぽどセンスないんだね。ストーンテンプル聴いてみなよ。

ストーンテンプルに関しては、こちらの記事でふれています。

http://bosssikirock.blog79.fc2.com/blog-entry-135.html

苦手なものは苦手です。
センスを問われる理由はありません。
あなたも嫌いなアーティストはいるでしょう?

その前に、ハンドルでもいいから名のりなさい。
礼儀です。
あと、当ブログはPCでの閲覧をお薦めします。

ご訪問&コメント感謝致します。
  1. 2009/01/28(水) 13:43:13 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/tb.php/83-14c93855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Contents

全ての記事を表示する

プロフィール

noodles2

Author:noodles2
ブラックストライプへようこそ!
ロックとロックな生き方を愛し、模索する1957年生まれ。
大人になれないオヤジのロック・レビューです。


↓ここのTシャツがお気に入り!


デザインTシャツ人気ランキング

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。