1. 無料アクセス解析


logo_black.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ザ・フー/大人になれないオヤジのロック62。

00the who.JPG
携帯用画像はこちら


好きなギタリストにかまけて、ロック史の重要なアーティスト紹介がいくつか渋滞しております。

ザ・フーは、1962年に結成したロジャー・ダルトリーのバンド“The Detours”が原型となり、当時イギリスに同名バンドが存在したことで、1964年に“ザ・フー”と改名したモッズ系のバンド。
因に、同じモッズ系を代表するバンドには、スモール・フェイセズ(後にフェイセズ)がいた。

ロジャー・ダルトリー/Roger Daltrey(Vo)
ピート・タウンゼント/Pete Townshend(G)
ジョン・エントゥィッスル/John Entwistle(B)
キース・ムーン/Keith Moon(Ds)


1957年、ピート・タウンゼントとジョン・エントゥィッスルはディキシーランド・ジャズのスクール・バンドを結成。後に“The Shadows”のコピー・バンドへと進化し、1962年に既にセミ・プロで活動していた上記“The Detours ”にジョン、ピートの順で加入した。

僕がザ・フーを知ったのは、1969年の『トミー(TOMMY)』である。
いうまでもなく、ロック・オペラと評されたこの壮大なストーリーは当時世界中で話題となり、映画にもなった。
僕は映画『トミー(TOMMY)』から先に観た覚えがある。
カウンター・カルチャー的な要素に満ちたこのアルバムや映像から、すっかり僕はザ・フーというバンドを誤解してしまうのである。
まして、1973年発表の『四重人格(QUADROPHENIA)』である。
ギネス・ブックに“世界で最も爆音で演奏するバンド”として公認されるザ・フーが、とても、前身がモッズ・バンドだったなんて当時は夢にも思わなかった。

01the who.JPG
携帯用画像はこちら


しかし、ザ・フーの真価は初期にこそある。
今も1965年デビュー・アルバム『MY GENERATION』聴きながら書いているが、このアルバムには彼等の最初のシングル『I Can't Explain』(全英8位)、2ndシングル『Anyway Nnyhow Anywhere 』(全英10位)、『My Generation』 (全英2位)が収録されている。
曲によっては同年代のビートルズストーンズの影響も見え隠れするが、特に『My Generation』は、「だらだら生きるくらいなら、死んじまいたい」的なメッセージが、当時の若者の心を代弁するかのごとく熱狂的に支持され、アメリカン・チャート100にもチャート・インする。

02the who.JPG
携帯用画像はこちら


さらに彼等が支持されたのは、圧倒的なライブ・パフォーマンスである。
この頃の彼等はモッズ・ファンションに身を包み、ギター、アンプ、ドラム・セットなどを次々に破壊していった。これは以後のロックにおけるステージ上の楽器破壊のルーツでもある。
この頃のソング・ライティングは全てピート・タウンゼントが担当していた。
そして、ピートが腕を大回転させながらアップ・ピッキング(ウィンドミル奏法)する様、アンプにギターを叩きつけて完膚なきまで破壊する姿、キースがドラム・セットを粉々に破壊する姿は圧倒的であり、下記リンク動画で是非映像体験されることを、お薦めする。

03the who.JPG
携帯用画像はこちら


以後1966年、2ndアルバム『ア・クィック・ワン(A QUICK ONE)』発表。イギリスからヨーロッパへと進出。
1967年にはアメリカ進出。
“モントレー・インターナショナル・ポップ・フェスティバル”において、ジミ・ヘン、ザ・ママス&パパス、オーティス・レディングとともに出演。そのライブ・パフォーマンスで一躍世界へと知られることになる。
この年の暮れ、3rdアルバム『ザ・フー・セル・アウト(THE WHO SELL OUT)』を発表し、ビルボード最高位9位のトップ10入りを果たした。

1978年9月7日。
ザ・フーにおける唯一無二の天才ドラマー、キース・ムーンがアルコール中毒治療のための薬の過剰摂取により他界。
全編フィル・インと評されるほど手数の多いキース・ムーンのドラムは他に類を見ないほどであり、彼の死はバンドにおいて最悪の事態を招いた。
しかし、元フェイセズのケニー・ジョーンズを後任のドラマーとして迎え、活動を継続。
1983年に正式に解散したが、85年には再結成され現在に至る。

04the who.JPG
携帯用画像はこちら


日本での評価が極めて低いバンドではあるが、そのたぐいまれなパフォーマンス以外でも、フィード・バック奏法、パワー・コードの発明、アンプ2段重ねを最初にやったのもザ・フーである。
余談ではあるが、ピート・タウンゼントはスタジオ・ワークにおいても大音量で演奏していたため、後年重度の難聴におかされていることでも知られる筋金入りのロッカーである。
有名な“サマー・タイム・ブルース”は、作曲者のエディ・コクランよりも彼等のそれが知られている。

●I Can't Explain(1965年PV)

●Anyway Nnyhow Anywhere(1965年Live)

●モントレー・インターナショナル・ポップ・フェスティバル、My Generation (1967年)

●1969年ウッドストック、Summer Time Blues

●Tommy Can You Hear Me

●Tommy-Overture

●Tommy(映画)

●Keith Moon RIP

●ADROPHENIA(映画)


MY GENERATION

★試聴はここ





Blog Ranking
←Click! We Love “ROCK”!!



テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

  1. 2007/04/24(火) 18:10:20|
  2. 大人のロック。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<スラッシュ(ガンズ・アンド・ローゼス)/大人のギタリスト講座10。 | ホーム | 新・緊急指令発令中!/ナイト・レンジャー(緊急更新!)>>

コメント

tommy

チャオ!

確か高校3年の春、卒業式の予行練習の日、
中野サンプラザで映画『Tommy』の試写会があったので
朝からサボって友達と前の方に並んでいたら(先着順だったのか?)マジメに学校へ行ってた男子がやって来て
「おまえら~~!」と言いながら横入りしてきました(笑)

私はロジャーのファンでした♪
  1. 2007/04/25(水) 00:02:24 |
  2. URL |
  3. meneater #-
  4. [ 編集]

Re:tommy

meneaterさん

>チャオ!

いつもありがとうございます!

>確か高校3年の春、卒業式の予行練習の日、
中野サンプラザで映画『Tommy』の試写会があったので
朝からサボって友達と前の方に並んでいたら(先着順だったのか?)マジメに学校へ行ってた男子がやって来て
「おまえら~~!」と言いながら横入りしてきました(笑)

そこまで克明に記憶しているmeneaterさんも凄い!(笑)

>私はロジャーのファンでした♪

まあ、映画を見るとロジャー・ファンになりますよね。
僕は後年、ピートのファンになりました。
今観ても、ピートの鼻って凄いと思いません?
よくお笑いで、外人を模して付け鼻しますが、まるで付け鼻のような高さです(笑)。
  1. 2007/04/25(水) 11:58:54 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

ぶっ壊す

こんにちわ!
早くもGWが終わってしまいそうな気分の者です。

キース・ムーンって1965年の映像の頃から
ハードロックなドラムを叩いていたのですね!
天才ドラマーの多くが早世しているような・・・。

そういえばピート・タウンゼントって数年前の来日時、
ステージでギター壊しのパフォーマンスをしたそうなのですが
リッチーやイングヴェイのようにクラッシュ用のギターではなく、
それまでメインで弾いていたギターをぶっ壊したとか!(^^)
流石ですねぇ・・・。
  1. 2007/04/30(月) 08:36:05 |
  2. URL |
  3. JIM #mQop/nM.
  4. [ 編集]

Re:ぶっ壊す

JIMさん

>こんにちわ!
早くもGWが終わってしまいそうな気分の者です。

あらら、また早いですね(笑)。。

>キース・ムーンって1965年の映像の頃から
ハードロックなドラムを叩いていたのですね!
天才ドラマーの多くが早世しているような・・・。

ボンゾに並ぶ天才ドラマーですね!

>そういえばピート・タウンゼントって数年前の来日時、
ステージでギター壊しのパフォーマンスをしたそうなのですが
リッチーやイングヴェイのようにクラッシュ用のギターではなく、
それまでメインで弾いていたギターをぶっ壊したとか!(^^)
流石ですねぇ・・・。

初期も頃より、楽器を壊しまくっていたわけですが、そのためいつもライブは赤字で、プロ・デビューするまでかなりの借金苦だったそうです。
ピートのギター・コレクションも有名で、百本以上だといわれていますね。。。
  1. 2007/05/01(火) 17:44:18 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

日本での評価が極めて低いバンド

>日本での評価が極めて低いバンド
そうなんですねー。
実際、私の周りで The Who のファンという人に出会えず、
自分自身も、ちゃんと聴いたのは結構最近になってからだったりします。
ステージパフォーマンスなどからパンクバンドなのかと思ってましたが、
アルバムを聴きこむと全くそんなことなく、
音楽的に素晴らしい名作が多いので、改めて彼らを見直している次第です(^^;
  1. 2007/05/26(土) 16:38:39 |
  2. URL |
  3. Penguinland #-
  4. [ 編集]

Re:日本での評価が極めて低いバンド

Penguinlamdさん

>実際、私の周りで The Who のファンという人に出会えず、
自分自身も、ちゃんと聴いたのは結構最近になってからだったりします。
ステージパフォーマンスなどからパンクバンドなのかと思ってましたが、
アルバムを聴きこむと全くそんなことなく、
音楽的に素晴らしい名作が多いので、改めて彼らを見直している次第です(^^;

日本では、TOMYあたりしか知らない方が多いのではないでしょうか?(僕も含め)
34歳の友人が、Who大好きで色々なビデオ&DVDを所持しています。
ステージ・パフォーマンスは圧倒的ですね!

モッヅ時代の動画が、YouTnbeにあふれていたのは感激でした♪

  1. 2007/05/28(月) 11:19:56 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/tb.php/82-18340000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Contents

全ての記事を表示する

プロフィール

noodles2

Author:noodles2
ブラックストライプへようこそ!
ロックとロックな生き方を愛し、模索する1957年生まれ。
大人になれないオヤジのロック・レビューです。


↓ここのTシャツがお気に入り!


デザインTシャツ人気ランキング

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。