1. 無料アクセス解析


logo_black.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

EL&P/大人になれないオヤジのロック51。

00elp.jpg
携帯用画像はこちら


「キング・クリムゾンよりウケるバンド」を目指し、『クリムゾン・キングの宮殿』でベース&ヴォーカルを担当したグレッグ・レイクが、“ザ・ナイス”のキース・エマーソン(K)と1969年に出逢い意気投合。後に“アトミック・ルースター”のカール・パーマー(D)が加わり1970年に結成されたロック史上重要なイギリスのプログレ・バンド。
当時キング・クリムゾンがアメリカであまりウケなかったことから、グレッグ・レイクが発奮したそうで、ギター不在のキーボード主体のトリオである。
実は当初ギターにあのジミ・ヘンと、彼のバンドのドラマー、ミッチー・ミッチェルを迎え入れようとしたが、一蹴されたエピソードを持つ。

1970年のデビュー・アルバム『エマーソン・レイク&パーマー(EMERSON,LAKE AND PALMER)』は既にスーパー・スターであったメンバー3人のセッション的なニュアンスが強く、いわゆるプログレ特有の多重録音はあまり駆使せず、キース・エマーソンのクラシックもどきなピアノ演奏が主体。
むしろ71年のセカンド・アルバム『タルカス(TARKUS)』から、EL&Pサウンドが炸裂する。
僕は71年『展覧会の絵(PICTURES AT AN EXHIBITION』、72年ライブ盤『トリロジー(TRILOGY)』、73年『恐怖の頭脳改革(BRAIN SALADAD SURGERY)』まで聴いていた。
因みにこの5作をしてバンドの前期と区分され、事実上バンドの絶頂期であったとされる。
73年には自らのレーベル“マンティコア”を設立し、PFMが同レーベルからデビューした。『タルカス(TARKUS)』を聴くと、PFMが非常にEL&Pのサウンドと類似していることがわかる。

01elp.jpg
携帯用画像はこちら


有名なライブ盤『展覧会の絵(PICTURES AT AN EXHIBITION』で御存知と思うが、キース・エマーソンのキーボード・プレイはギタリスト不在のステージ上で、派手なアクションやキーボード上にナイフを突き立てるなど“オルガンのジミ・ヘン”の異名をとった。
特筆すべきはグレッグ・レイク、全てのアルバムのプロデュースも手がけ、ギター不在の中で自らギターを兼任したり、8弦ベースの使用などでギター不在の隙間をカバーした。
また、カール・パーマーのドラミングは今聴いても壮絶である。やはり『展覧会の絵(PICTURES AT AN EXHIBITION』では、ライブ盤であるにもかかわらずそのテクニックに圧倒される。前述通り、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのドラマーの代役として抜擢されただけのことはある。

EL&Pといえば僕が中学の頃、一番豪華なステレオ・セットとリスニング・ルームも持つ友人宅に上がり込み、よく巨大なスピーカーの前に鎮座して聴いたバンドだ。ピンク・フロイド他、よく同様な聴き方をした。

そんな中で僕にとってはギターなしのロック・バンドでは唯一のバンドである。
そんなことを思い出していて今気がついた。
だから、ギターが好きな僕はEL&Pよりもピンク・フロイドに傾倒するのかも知れない……。

●The Barbarian(Live)

●“オルガンのジミ・ヘン”キース・エマーソン!

●Take a Pebble(Live)

●Karn Evil 9(スタジオ・リハーサル)

●カール・パーマー、ドラム・ソロ!(Live)



♪試聴はここ


♪試聴はここ


♪試聴はここ


♪試聴はここ


♪試聴はここ






Blog Ranking
←Click! We Love “ROCK”!!


テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

  1. 2006/12/12(火) 12:53:17|
  2. 大人のロック。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<エリック・クラプトン/大人になれないオヤジのロック52。 | ホーム | 20世紀少年/(祝50回記念!番外編)大人になれないオヤジのマンガ。>>

コメント

キースの胸毛が好き♪

チャオ!

……という友達がいました。
みんなから「変わってる」と非難GOGO!でした。
「展覧会の絵」はよく、高校の放送部の時
昼休みに流していました。

なつかし~~~。
ちなみにフォーカスを流したら
「いい趣味だ」と男子に褒められました。
  1. 2006/12/12(火) 19:12:05 |
  2. URL |
  3. meneater #-
  4. [ 編集]

Re:キースの胸毛が好き♪

meneaterさん

>……という友達がいました。
みんなから「変わってる」と非難GOGO!でした。
「展覧会の絵」はよく、高校の放送部の時 昼休みに流していました。

ああ、胸毛がカッコいいという価値観の時代ですね(笑)。
今や体毛はダサイ時代ですもんね。。

>なつかし~~~。
ちなみにフォーカスを流したら
「いい趣味だ」と男子に褒められました。

本当に懐かしいです。
EL&Pって、今あまり聴かなくなっていましたから。
「いい趣味だ」といった男子はmeneaterさんのお気に入りの男子だったんですね??(笑)

  1. 2006/12/13(水) 11:55:25 |
  2. URL |
  3. noodles2 #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

どっちかというと・・・

ピアノ、エレクトーンをやっていたので、キーボードが好きです。
EL&Pは、やっぱり「展覧会の絵」が一番好きですね♪
この間、「恐怖の頭脳改革」を買ったんですが、ジャケットのわりには、サワヤカでした(笑)
  1. 2006/12/13(水) 14:15:37 |
  2. URL |
  3. Nob #-
  4. [ 編集]

Re:どっちかというと・・・

Nobさん

>ピアノ、エレクトーンをやっていたので、キーボードが好きです。
EL&Pは、やっぱり「展覧会の絵」が一番好きですね♪

僕はタルカスも好きです♪
昔聴いていたときは、ムーグの音が新鮮でムーグを演奏するプログレ・バンドを選んで聴いていました(笑)。
ギター派になったのは、その後なんです。

>この間、「恐怖の頭脳改革」を買ったんですが、ジャケットのわりには、サワヤカでした(笑)

ですね!
EL&Pほど、ジャケット・デザインに一貫性がないプログレ・バンドも珍しいです。。
  1. 2006/12/14(木) 11:30:16 |
  2. URL |
  3. noodles2 #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

キース

こんばんわ!
純米酒で酔っちゃってる者です。

先日、WOWOWでEL&Pの71年の
ライブ映像を見たのですが、若いだけあって
キース・エマーソンのパフォーマンスは凄かったです!

キースのテクニックも凄かったですが、ドラマーの
カール・パーマーもウンザリするくらい上手いですね(^^)
当時としては前衛的すぎて好みが分かれるバンドだと
思うのですが、革新的なバンドだった事は確かでしょう。

ちなみにグレッグ・レイクはベースだけでなく、アコギも
結構上手く弾いていましたが、ロバート・フィリップと
一緒にギターのレッスンを受けていたそうですね。
今は何をやっているんでしょうねぇ・・・。
  1. 2007/09/18(火) 22:04:20 |
  2. URL |
  3. JIM #mQop/nM.
  4. [ 編集]

JIMさん、いつもありがとうございます♪

>こんばんわ!
純米酒で酔っちゃってる者です。

レスが遅れて申し訳ありません。
今、男の“鏡月”ロックを飲みはじめた者です。

>先日、WOWOWでEL&Pの71年の
ライブ映像を見たのですが、若いだけあって
キース・エマーソンのパフォーマンスは凄かったです!

マジ、凄いと思います。
キーボーディストが、あんなアクションをする事自体が、当時は画期的でした。
それも、ジミヘンあったればこそなんですが。。。

>キースのテクニックも凄かったですが、ドラマーの
カール・パーマーもウンザリするくらい上手いですね(^^)
当時としては前衛的すぎて好みが分かれるバンドだと
思うのですが、革新的なバンドだった事は確かでしょう。

僕がストレートで通過していますが、やはりロックというよりプログレ・マニアやなぜかオーディオ・マニアのおじさんたちに受けていました。。。
エマーソン・レイク&パーマーと、カール・パーマー氏だけ別各になっているのには訳があるのでしょうか?

>ちなみにグレッグ・レイクはベースだけでなく、アコギも
結構上手く弾いていましたが、ロバート・フィリップと
一緒にギターのレッスンを受けていたそうですね。
今は何をやっているんでしょうねぇ・・・。

○を越して□いデブになったグレッグ・レイクは、今エイジアです。
つい最近来日したようです。
そのときのスティーヴ・ハウがまた、悲しいくらいに老けた猿の惑星野郎と化していました。。。
  1. 2007/09/27(木) 00:34:47 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/tb.php/58-1ab05fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Contents

全ての記事を表示する

プロフィール

noodles2

Author:noodles2
ブラックストライプへようこそ!
ロックとロックな生き方を愛し、模索する1957年生まれ。
大人になれないオヤジのロック・レビューです。


↓ここのTシャツがお気に入り!


デザインTシャツ人気ランキング

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。