1. 無料アクセス解析


logo_black.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バッド・カンパニー/大人になれないオヤジのロック49。

00Bad1974.jpg
携帯用画像はこちら


さて、比較的新しいアーティストが続いたので、ここらでまた一気にタイム・スリップ!

バッド・カンパニーは1973年に元フリーのポール・ロジャース(V)と元モット・ザ・フープルのミック・ラルフス(G)、ポールの盟友であるやはり元フリーのサイモン・カーク(D)、元キング・クリムゾン(第3期)のボズ・バレル(B)により結成されたイギリスのHRバンドである。
74年のデビュー・アルバム『バッド・カンパニー(Bad Company)』はツェッペリンが設立したレコード会社“スワン・ソング”から発売され、当時いわゆる鳴りもの入りで多いに注目された。そのかいあってか、アルバムは全米一位、売り上げでは全世界で1200万枚以上のセールスを記録する。
82年まで6枚のアルバムを発表するが、ビッグ・バンドになってしまった重責から解放されたいがごとく、ポール・ロジャースが脱退。残るメンバーは引き続きバッド・カンパニーとして“産業ロック色”を押し出し活動。
脱退したポールはジミー・ペイジとザ・ファームを結成。
99年にはオリジナル・メンバーでのバッド・カンパニーが復活するが、2001年で実質活動を停止した。

01Bad.jpg
携帯用画像はこちら


ポール・ロジャースの古巣であるフリーなど、70年代中期のHRを鑑みると、当時バッド・カンパニーは聴きやすく、メローでコマーシャルな音だった。
ブルージーで荒削りな音だったフリー、マウンテンなどに比べ今流にいうとポップ路線だったのだ。そして、我々日本人には“歌謡路線”に感じた。
実際、74年に日本の刑事物の連ドラ『夜明けの刑事』の主題歌をバッド・カンパニーが担当したりもしている(確かポールの奥さんが日本人であり、番組プロデューサーと懇意だった)。
つまり、未だR&Bの臭いを残していたHRをより大衆化したバンドがバッド・カンパニーであり、ポップ・ロックという大衆ロックに進化させた“産業ロック”の原点だったといえる。

02Bad.jpg
携帯用画像はこちら


ポール・ロジャースが脱退した82年といえば、アイアン・メイデンメタリカが既に存在し、翌年にはボン・ジョヴィが登場する時代背景である。モトリー・クルーラットなどのLAメタルも活性し始める頃だ。
さすがにその頃になると、バッド・カンパニーは“オールド・バンド”でしかない。
古いのだ。大いなるマンネリという常套句で受け入れる保守派と、揶揄する解放派に、リスナーが二分されることは否めない。その臭いを一番敏感に感じ取ったのはいうまでもない、誰あろうポール・ロジャース本人だったはずだ。
そう考えれば82年のポールの脱退、バッド・カンパニー崩壊は時代の必然だったのではないだろうか。

Plant_.jpg
携帯用画像はこちら


バッド・カンパニーが登場した1974年とは、インドが初の核実験を行い、『宇宙戦艦ヤマト』放映開始、長島茂雄が現役を引退し巨人の監督に就任。セブンイレブン一号店開店。『ノストラダムスの大予言』がベスト・セラー。殿様キングス『なみだの』が大ヒットした。
何かと日本人が涙もろくなっていた時期だ。
今、74年『バッド・カンパニー(Bad Company)』を聴きながら書いているが、さすがに古い。
同時期にデビューしたUFOの『現象(Phenomenon)』のように、17歳のマイケル・シェンカーというきらびやかなスターも存在しない、地味~な音である。
だが、“大いなるマンネリ”の安心感がそこはかとなく漂っているのは確かだ。
ある意味、ポール・ロジャースの“こぶし”は演歌である。

日頃、満員電車に揉まれながらも立ち食い蕎麦を流し込み、ガツガツと前向きに日本経済のパーツと化し、働き続けた団塊の世代達……。
あえていおう!
企業戦士が場末のロック・バーでバーボンを飲りながら、その一時だけ“ロック小僧”に帰るためにバッド・カンパニーは、今も存在する。

●Rock Steady(Live)

●Ready for love(Live)

●Feel like making Love(Live)

●カラオケ用Alright Now!

●Bad Company(99Live)


※今日の拾い物画像で、ポールとツーショットのアーティスト、全部わかるかな?



♪試聴はここ





Blog Ranking
←Click! We Love “ROCK”!!


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2006/12/07(木) 18:04:50|
  2. 大人のロック。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<20世紀少年/(祝50回記念!番外編)大人になれないオヤジのマンガ。 | ホーム | レニー・クラヴィッツ/大人になれないオヤジのロック48。>>

コメント

懐かしい~

黒ジャケのアルバム「バッド・カンパニー」は持ってます。
というか、当時、周りは皆持ってましたね!
やっぱり、「キャント・ゲット・イナフ」が好きでした。
因みに、「なみだの操」も好きでした(笑)
  1. 2006/12/08(金) 16:02:16 |
  2. URL |
  3. Nob #-
  4. [ 編集]

Re:懐かしい~

Nobさん

>黒ジャケのアルバム「バッド・カンパニー」は持ってます。
というか、当時、周りは皆持ってましたね!
やっぱり、「キャント・ゲット・イナフ」が好きでした。
因みに、「なみだの操」も好きでした(笑)

笑。。
バド・カン!
今聴いても、味わい深いです♪
  1. 2006/12/11(月) 16:47:16 |
  2. URL |
  3. noodles2 #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

3がわからない・・・

1.Paul Stanley
2.Billy Gibbons かな。いつもサングラスしてるからなぁ。
3.でかい顔!誰だっけ?見たことはあるんだけど・・・(^^;

しかしこう考えると、Paul Rogers もバンドを転々としたもんですね。
Alright Now を歌ってた人が、Queen で歌うことになるとは・・・。
  1. 2007/02/10(土) 18:36:22 |
  2. URL |
  3. Penguinland #-
  4. [ 編集]

Re:3がわからない・・・

penguinlandさん

>1.Paul Stanley
2.Billy Gibbons かな。いつもサングラスしてるからなぁ。
3.でかい顔!誰だっけ?見たことはあるんだけど・・・(^^;

しかしこう考えると、Paul Rogers もバンドを転々としたもんですね。
Alright Now を歌ってた人が、Queen で歌うことになるとは・・・。

あ!
3番、わかりません???
僕はすぐにわかりましたし、愕然としました。。
ロバート・プラントですよ!!!!

penguinlandさん、今回も遡ってつき合っていただき、大変感謝したします。
本当にありがとうございました。
  1. 2007/02/13(火) 12:48:05 |
  2. URL |
  3. noodles2 #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/tb.php/56-f8540915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Contents

全ての記事を表示する

プロフィール

noodles2

Author:noodles2
ブラックストライプへようこそ!
ロックとロックな生き方を愛し、模索する1957年生まれ。
大人になれないオヤジのロック・レビューです。


↓ここのTシャツがお気に入り!


デザインTシャツ人気ランキング

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。