1. 無料アクセス解析


logo_black.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レニー・クラヴィッツ/大人になれないオヤジのロック48。

00lenny.jpg
携帯用画像はこちら


ガンズメタリカ、とパワフルなアーティストが続いたので、ちょっと力を抜いて。

レニー・クラヴィッツ(1964年5月26日生)、ニューヨークでロシアユダヤ系の父とバハマ系の母との間に生まれた。この混血具合を見ても、ギター・スタイルをとっても間違いなく自他ともに認める“ジミ・ヘン”リスペクターである。そしてやはり混血が類似するボブ・マーレーの信望者でもある。そこにさらにジョン・レノンの影響も加わる。
それら全てを“大好き!”と公言して80年代後半、シーンに登場した。
余談ではあるが、レニーはフェア・ファックス高校を卒業しているそうだ。同行の卒業生にはかの有名プロデューサーであるフィル・スペクター、ガンズのスラッシュ、レッチリのアンソニーとマイケルがいる。

01Lenny.jpg
携帯用画像はこちら


白人と黒人の混血はアメリカにおいては、“黒人”としてカテゴライズされるそうで、その黒人がソウル、ファンクではなくロックでシーンに浮上するのはかなり困難だとされる。以前も書いたがジミ・ヘンもイギリスに渡ったからこそ認められた。
元はといえば白人が、黒人のR&Bをパクったロックなのに、黒人のロックを認めないという土壌はいかにも階級社会のアメリカらしいといえばいえる。

02Lenny.jpg
携帯用画像はこちら


さて、僕が最も聴いたレニー・クラヴィッツのアルバムは1993年『自由への疾走(ARE YOU GONNA GO MY WAY』だ。
当時、表題曲である“ARE YOU GONNA GO MY WAY”が大ヒットし、あらゆるメディアでヘヴィ・ローテーションされていた。お馴染みのあのギター・リフを聴いたとき思わずニンマリしたものだ。
「おっ、ジミ・ヘンだ!」
そしてアルバムを入手して、ちょっと驚いた。ジミ・ヘンばりにフェンダー・マニアかと思いきやギブソン・フリークではないか!
しかも2曲目“ビリーヴ”から6曲目“愛ある日々を”までを聴いてさらに驚いた。
「むむ、こいつは……」
何とも21世紀型に昇華された“ツェッペリン大好き!”が展開されていたからだ。
21世紀型と表現したが、レニー・クラヴィッツのロックはあまりにお洒落だ。ロックが好きで好きでたまらない! って感じを新人類が料理するとこんな音になりました~、ってなもんである。
日本のLOVE PSYCHEDELICOなどにも共通したものを、僕は感じる。
因みに僕の友人である30代前半のギタリスト君は、70年代ロックしか聴いたことがないという。
1967年にCCRが“信念をもって清らかな水を甦らせる”と、ロックの原点回帰を提言してから実に30年近くの時を経て、今度は彼等が60年代~ロックを熱くリスペクトしてくる!

03lenny.jpg
携帯用画像はこちら


かくいう僕は僕で“大人になれないオヤジのロック”と称して、ひたすら70~80年代ロックをリスペクトし続けているのである。
ライク・ア・ローリングストーン!
いや、もはやロックは“ころがらない石”と化し、アカデミズムへと突き進んでいるのだろうか?
ビートルズの“バイオリン・アレンジ”が街に流れる現代において、ロックはクラシックとなってしまったのか?
それは多分、この歴史が止まらないかぎり……。
つまり文明が崩壊しないかぎり、僕らが認識するロックという歴史の坂道を“ころがる石”としてロックは語り継がれるていくということ……。

だから、レニー・クラヴィッツは“ロックの原点回帰”という21世紀の新しいロックなのだろう。

●Are You Gonna Go My Way(Live)

●Believe(PV)

●Is there any Love in your Heart(PV)

●Again(Live)

●Rock'n'roll is dead(PV)

●ガンズ、スラッシュとのライブ・セッション!


♪試聴はここ






Blog Ranking
←Click! We Love “ROCK”!!



  1. 2006/12/06(水) 20:12:10|
  2. 大人のロック。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<バッド・カンパニー/大人になれないオヤジのロック49。 | ホーム | メタリカ/大人になれないオヤジのロック47。>>

コメント

Lenny Kravitz はいい!

90年代に人気を集めたロックアーティストで、
好きな人はあまりいないのですが、
Lenny Kravitz と Red Hot Chili Peppers は例外的に好きです。
特に Lenny Kravitz は、Jimi Hendrix や Zeppelin 臭がプンプンでたまりませんね。
また、TV番組やCMでも、彼のカッコいいギターリフの曲がかなり使われましたね。

実は昔私は、とってもポップな It Ain't Over 'Til It's Over で初めて彼を知ったので、
しばらくの間、他のカッコいいギターリフの曲が同じ人の曲だと気付いておりませんでした(苦笑)
  1. 2007/02/10(土) 02:40:11 |
  2. URL |
  3. Penguinland #-
  4. [ 編集]

Re:Lenny Kravitz はいい!

Penguinlandさん

>90年代に人気を集めたロックアーティストで、
好きな人はあまりいないのですが、
Lenny Kravitz と Red Hot Chili Peppers は例外的に好きです。

僕もです!(笑)

>特に Lenny Kravitz は、Jimi Hendrix や Zeppelin 臭がプンプンでたまりませんね。
また、TV番組やCMでも、彼のカッコいいギターリフの曲がかなり使われましたね。

かなり、流行ましたよね!
appleのCFとか!

>実は昔私は、とってもポップな It Ain't Over 'Til It's Over で初めて彼を知ったので、
しばらくの間、他のカッコいいギターリフの曲が同じ人の曲だと気付いておりませんでした(苦笑)

そうだったんですか!
僕は逆にあのリフからですので、鮮烈でした(笑)。
  1. 2007/02/13(火) 12:19:58 |
  2. URL |
  3. noodles2 #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/tb.php/55-90544882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Contents

全ての記事を表示する

プロフィール

noodles2

Author:noodles2
ブラックストライプへようこそ!
ロックとロックな生き方を愛し、模索する1957年生まれ。
大人になれないオヤジのロック・レビューです。


↓ここのTシャツがお気に入り!


デザインTシャツ人気ランキング

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。