1. 無料アクセス解析


logo_black.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガンズ・アンド・ローゼズ/大人になれないオヤジのロック46。

00guns.jpg
携帯用画像はこちら


満を持して!(そうでもないか?)
ガンズ・アンド・ローゼズ!!
80年代終わりから90年前半まで、最も魅力的で世界的な成功を納めたHRバンドである。
そして、最も“危険なバンド”でもある。

ロック史上、この上もなく独裁的で破滅型なアクセル・ローズ(V)と、トレイシー・ガンズ(G)が中心となり1985年に結成された。バンド名の由来もこの二人の名前からきている。
まもなくトレイシー・ガンズは脱退し、後にL.A.GUNSを結成する。
これまた破壊的な、バンド・メンバーの入れ替わりについては比較的新しいバンドでもあるし、御存知の方も多いと思うので割愛します(興味あるかたはこちらで)。

僕が当時初めて彼等の映像&音を聴いてぶっ飛んだことはいうまでもない。
まず、スラッシュ(G)のスタイルだ!
低い位置にかまえたレスポール、煙草、ファッション、ヘアー・スタイル、どこから観てもジミー・ペイジである。

01guns.jpg
携帯用画像はこちら


02guns.jpg
携帯用画像はこちら


折しも80年初頭からの世界的なHMブームとそのシーンの衰退を通過して90年代に突入しようという時期である。無限の如く放出し続ける溶岩は打ち寄せる波によって冷めきってしまい、灼熱の頃をただ語り継がれるだけの黒い塊の存在となってしまった。そんな時期なのである。
そこにあえて、このスタイル! である。思わず笑ってしまうほどだった。

03guns.jpg
携帯用画像はこちら


04guns.jpg
携帯用画像はこちら


そしてそのとなりの何やら、やたらと暴力的かつ繊細そうなオーラを放つ優男のアクセルを目撃したときの衝撃は鮮烈過ぎた。それは旧来のHRでもないし、HMでもないガンズという新ジャンルを発見したような気がしたものだ。
実は訳あって、僕は80年代終わりといえばちょいとHR/HMから離れていた時期だった。
にもかかわらず、以下のアルバムだけは聴きまくった。

1987年 Appetite For Destruction (アペタイト・フォー・ディスクトラクション)
1988年 GN'R Lies (GN'R ライズ)
1991年 Use Your Illusion I (ユーズ・ユア・イリュージョン1)
1991年 Use Your Illusion II (ユーズ・ユア・イリュージョン2)
1993年 The Spaghetti Incident? (ザ・スパゲティ・インシデント?)


今、『GN'R Lies』を聴きながら書いているが改めてこの特異なガンズというジャンルが、実はアクセル・ローズというジャンルであることに慄然とする。いにしえのロッカー達のエキスを羊水にして生まれ落ちたのではないかと思うほど、あまりにロックな声色。低域から高音シャウトを変幻自在に操る確かなテクニック。ステージ・アクション。破天荒なライフ・スタイル!
問題なのは、この“厄介者”アクセルは理屈を超えたところに“カッコいい!”が存在することだ。短絡的だが間違えなく彼には“カリスマ”が存在している。
ロックにおける“ヒーローの条件”とは、我々の日常、あるいは理性を超えたそのスター性に“羨望”するものであり、つまり彼等がステージという非日常で代弁してくれる行為への“憧れ”である。
そんな適性を満たした奴らが80年代後半に、アメリカから彗星のように世に現れ世界を揺るがしたのだからたまったものじゃない! 
しかも、『Appetite For Destruction』のたった一枚で……。

05guns.jpg
携帯用画像はこちら


さて、その暴挙が留まることを知らないこの天才アクセル(本名William Bruce Bailey, 1962年2月6日生)は、相変わらず健在のようで今年2006年になっても友人宅パーティで大乱闘、6月にはストック・ホルムのホテルでガードマンの足に噛みつき、ロビーの鏡を割り逮捕……、しかし、どうしようもない無法者である反面、世界一優しい面も持ち合わせるともいわれ、典型的な双極性障害だとされる。
だが、そのネガティブな部分は幼くして義父に受けた性的虐待が原因だとされる。

07guns.jpg
携帯用画像はこちら


08guns.jpg
携帯用画像はこちら


「どうして、みんなが自分から離れていくのだろう?」と呟き、極度に落ち込むこともあるようで、実際ガンズは現在アクセルだけとなり、アルバム制作中といわれながら既に10年以上経過している。
この性格破綻な天才ヴォーカリストの影響力はいうまでもなく、日本のB'zの稲葉浩志やTOKIOの長瀬智也がリスペクトしているが、スカートはけばいいってもんじゃないぞ! とだけいっておく。

それにしてもガンズを聴いていると体中の血が高揚する。
当時、Appetite For Destructionを車で聴きながら第三京浜を走っていた。
♪Welcome to the Jungle~♪ な~んて、口ずさみながらね!
そんなとき、忘れもしないGTR野郎に無謀な追い越しを仕掛けられた。
そりゃもう僕は我を忘れてどこまでもアクセルを踏み込み相手を追いかけたよ。
そして、となりで家内が悲鳴に近い呻きを発した。
我に帰った僕は青くなったね。
もう、すぐ眼の前に保土ヶ谷料金所が迫っていたのだ。
幸い、何とか減速し、命拾いした……。

今一度いおう。
ガンズ・アンド・ローゼズは最も“危険なバンド”である。

06guns.jpg
携帯用画像はこちら


●Welcome to the Jungle(Live)

●Sweet Child o' mine(PV)

●Nighttrain(92Live)

●Patience(PV)

●You could be maine(映画T2PV)

●Garden of Eden(PV)

●Double Talkin Jive(Live)


♪試聴はここ


♪試聴はここ


♪試聴はここ


♪試聴はここ


♪試聴はここ





Blog Ranking
←Click! We Love “ROCK”!!





  1. 2006/12/01(金) 16:02:29|
  2. 大人のロック。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<メタリカ/大人になれないオヤジのロック47。 | ホーム | フィル・ライノット/シン・リジィ。(煌めきへのレクイエム2)>>

コメント

ガンズ・・・

やっぱりアクセル・ローズの声が好きです!
挙動不審な人だとは聞いていましたが、そんな背景があったんですね・・・。
TBさせて戴きます♪
  1. 2006/12/02(土) 10:20:13 |
  2. URL |
  3. Nob #-
  4. [ 編集]

追伸

すみません。 きょうもTBできませんでした・・・。
  1. 2006/12/02(土) 10:23:02 |
  2. URL |
  3. Nob #-
  4. [ 編集]

Appetite For Destruction
大好きなアルバムの1枚です!!
これをはじめて聴いたとき 衝撃的でした!!
出だしからカッコイイ ギターのうねる感じがたまらないです((o(^-^)o))
歌唱力うんぬんよりアクセルそのものが魅力的で
彼ならどう歌っても、どんなことしてもokっていうのか惹きつけられるものがありましたね
あの頃のガンズは最高でした♪
  1. 2006/12/02(土) 14:39:02 |
  2. URL |
  3. 紫らいおん #-
  4. [ 編集]

ガンズは私にとって最後のHRバンドです。
最初に聴いた時はマジで感動しました・・・。
あの荒々しさ&生々しさは強烈!
Appetite For Destructionは凄いアルバムだと思います。

>それにしてもガンズを聴いていると体中の血が高揚する。

その感じ、良く解ります。私もそういう感じになります(笑)
  1. 2006/12/03(日) 21:19:53 |
  2. URL |
  3. カブリエル #RDRaKwtQ
  4. [ 編集]

Re:ガンズ・・・

Nobさん

>やっぱりアクセル・ローズの声が好きです!
挙動不審な人だとは聞いていましたが、そんな背景があったんですね・・・。
TBさせて戴きます♪

う~っ、TB入らないようですね。。

  1. 2006/12/04(月) 15:58:26 |
  2. URL |
  3. noodles2 #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

紫らいおんさん

>Appetite For Destruction
大好きなアルバムの1枚です!!
これをはじめて聴いたとき 衝撃的でした!!
出だしからカッコイイ ギターのうねる感じがたまらないです((o(^-^)o))

おお、紫らいおんさんも好きですか~!

>歌唱力うんぬんよりアクセルそのものが魅力的で
彼ならどう歌っても、どんなことしてもokっていうのか惹きつけられるものがありましたね
あの頃のガンズは最高でした♪

ですね!
あんなに破天荒で、カッコいい奴は稀です!!
あの頃のガンズは最高でした♪♪
  1. 2006/12/04(月) 16:00:39 |
  2. URL |
  3. noodles2 #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

ガブリエルさん

>ガンズは私にとって最後のHRバンドです。
最初に聴いた時はマジで感動しました・・・。
あの荒々しさ&生々しさは強烈!
Appetite For Destructionは凄いアルバムだと思います。

僕にとっても最後のHRバンドです!
最高です♪

>>それにしてもガンズを聴いていると体中の血が高揚する。

>その感じ、良く解ります。私もそういう感じになります(笑)

血騒ぎ、肉踊ります(笑)。。
  1. 2006/12/04(月) 16:02:51 |
  2. URL |
  3. noodles2 #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

HRの名盤!

Guns N' Roses が登場してきたとき、
実は私は Jazz & Fusion に傾倒しておりました。
なので、それほどのめり込みはしなかったのですが、
Appetite For Destruction を初めて聴いたときは身震いしました。
Welcome To Jungle、Paradise City など良く聴きました。
Sweet Child O' Mine に至っては、
後年、冒頭のギターリフを携帯電話の着信音にしようと、
苦労して着メロを自作したぐらいです。
HRの名盤ですね!
  1. 2007/02/10(土) 14:04:05 |
  2. URL |
  3. Penguinland #-
  4. [ 編集]

Re:HRの名盤!

penguinlandさん

>Guns N' Roses が登場してきたとき、
実は私は Jazz & Fusion に傾倒しておりました。
なので、それほどのめり込みはしなかったのですが、
Appetite For Destruction を初めて聴いたときは身震いしました。
Welcome To Jungle、Paradise City など良く聴きました。
Sweet Child O' Mine に至っては、
後年、冒頭のギターリフを携帯電話の着信音にしようと、
苦労して着メロを自作したぐらいです。
HRの名盤ですね!

同感です!
僕はあの頃、レゲエ&スカにハマっていた時期でしたが、彼等だけは聴き込みました~(笑)
Sweet Child O' Mineのイントロ、僕は留守電に流してました(笑)。
  1. 2007/02/13(火) 12:24:50 |
  2. URL |
  3. noodles2 #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

Guns N' Rosesは不思議なバンドだ。
俺は基本的にHR、HMは聞かない。
しかし友人の家で聞いた
「Welcome To Jungle」「Paradise City」
は何故か気に入った。

今でも聞くのは
「GN'R ライズ」
特に思い出はないが「ペイシャンス」を聞くと切ない気持ちになる。
  1. 2007/02/14(水) 10:46:24 |
  2. URL |
  3. mo-xl #-
  4. [ 編集]

mo-xlさん

>Guns N' Rosesは不思議なバンドだ。
俺は基本的にHR、HMは聞かない。
しかし友人の家で聞いた
「Welcome To Jungle」「Paradise City」
は何故か気に入った。

でしょう?(笑)
そうなんです、ガンズはHM/HRを越えた、ガンズというジャンルなんです!

>今でも聞くのは
「GN'R ライズ」
特に思い出はないが「ペイシャンス」を聞くと切ない気持ちになる。

同感!
僕も大好きで、この記事を書いてるときはこればかり聴いていました!!
  1. 2007/02/14(水) 11:45:44 |
  2. URL |
  3. noodles2 #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

ここ最近ガンズを聴きました
やっぱりwelcome to the jungleですね
これを聴いてると体中がみなぎってきます
それにしても受けました(笑)
GTRとのチェイスのお話しは
ギターは確かにペイジ-見たいですね
髪が長くレスポール下げて弾くスタイルで
始めてみたときパット見たときペイジ-だと思いました
ガンズももっと聴いてみます
  1. 2008/06/22(日) 17:21:12 |
  2. URL |
  3. 15 #-
  4. [ 編集]

15さん

>ここ最近ガンズを聴きました
やっぱりwelcome to the jungleですね
これを聴いてると体中がみなぎってきます
それにしても受けました(笑)
GTRとのチェイスのお話しは
ギターは確かにペイジ-見たいですね
髪が長くレスポール下げて弾くスタイルで
始めてみたときパット見たときペイジ-だと思いました
ガンズももっと聴いてみます

なんといってもアクセルの声とスラッシュのジミー・ペイジなギターが要。
年内リリースが噂される新譜には、残念ながらスラッシュはいません。

でも、いまのうちに旧作を聴き込んでくださいね!
  1. 2008/07/29(火) 12:38:49 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/tb.php/53-b33751e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Contents

全ての記事を表示する

プロフィール

noodles2

Author:noodles2
ブラックストライプへようこそ!
ロックとロックな生き方を愛し、模索する1957年生まれ。
大人になれないオヤジのロック・レビューです。


↓ここのTシャツがお気に入り!


デザインTシャツ人気ランキング

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。