1. 無料アクセス解析


logo_black.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BURRN!/大人になれないオヤジのロック32。

IMG_2003.JPG
携帯用画像はこちら

御存知、『BURRN!』1984年10月創刊号です。

当時、ミュージック・ライフでは既に毎号のようにHR/HMの特集や記事があり、何故わざわざこの『BURRN!』が発刊されたのかよくわからなかった。
あの頃は僕もロック情報の収集源として、プレイヤー・マガジン、ヤング・ギター、ロッキング・オン、ミュージック・マガジン等、毎号熟読していた。
『BURRN!』は創刊号から86年頃まで買っていて現在も手元にあるが、当時グラビアなどはもとより、モノクロの細かい情報コラムが必読であった。
どこそこのバンドのギタリストが、今度はかのバンドに乗り換えたとか、お気に入りのバンドの新譜はプロデューサーが誰で、目下どこぞで録音中であるとか、とにかくマニアックだった。
特に80年代のHMブームであまたのバンドが世界ヒット(全米チャート上位)を成すには、いかに売れっ子プロデューサーにつくかで左右された。
例えば、ファーストアルバムで全英で注目され、アメリカ進出する際、必ずといっていいほど売れっ子プロデューサーが担当した。
勿論、レコード会社の戦略なわけだが、売れっ子プロデューサーが半年忙しければ、ニュー・アルバムの録音も半年延ばすのは当たり前だった。

2_3_4_5.JPG
携帯用画像はこちら


02創刊一年.JPG
携帯用画像はこちら


話を戻すが僕の所有する『BURRN!』からも、今後記事を摘んでこのブログで取り上げ、当時のシーンの熱さを伝えていこうと思う。
しかし、だ。
狙ってのことであるのは理解しているが、今観てもダサいデザインである。
これじゃ、ロック=ダサっ! である。
この雑誌ポリシーは、現在まで脈々と受け継がれており、今でもたまに本屋で観ると赤面してしまう。考えてみると過度な演出を施したロック・コンサートはプロレスのショー・ライクな部分と類似している。
熱い=濃い。
濃い×ロック=ダサっ! なのかも知れない。
久しぶりに『BURRN!』を眺めていると、改めてショー・ビズにおけるHR/HMが子供騙しのモンキー・ビジネスであることがわかるというものだ。

それでも、大人になれないオヤジな僕はYouTubeなどで当時のライブ動画を観ると、感涙する。
本日は『BURRN!』創刊号表紙のオジー・オズボーンwithジェイク・イー・リーでもどうぞ!

●オジー・オズボーン『Bark at the Moon』プロモ・ビデオ!

●オジー・オズボーン『Bark at the Moon』83Live!






人気blogランキングへ←今日もポチッと、大人のロックを盛り上げよう!


  1. 2006/11/07(火) 18:19:29|
  2. 大人のロック。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<PFM/大人になれないオヤジのロック33。 | ホーム | ロックギタリスト養成所。>>

コメント

あ・・・

凄いです。 とってあったんですか!
私も、「ミュージック・ライフ」と「ヤング・ギター」は結構愛読していたんですが、捨てちゃいました(涙)
今、読んだら楽しいでしょうね~
そうそう、ヤングギターは楽譜も載っていたんですよね! 
あれで、ギターに挑戦しようとしましたが、失敗に終わりました(笑)


  1. 2006/11/07(火) 21:38:07 |
  2. URL |
  3. Nob #-
  4. [ 編集]

ミュージックライフ、プレイヤー、ギターマガジン、
サウンド&レコーディングマガジンはよく読んでました。
BURRNはもちろん知ってますし読んだ事もありますが、
買った事は無かったかも・・・。
しかしメタルな表紙ですね~(笑)
ヤングギターも一時期よく買ったなあ・・・。
  1. 2006/11/07(火) 22:01:00 |
  2. URL |
  3. カブリエル #RDRaKwtQ
  4. [ 編集]

Re:あ・・・

>凄いです。 とってあったんですか!
私も、「ミュージック・ライフ」と「ヤング・ギター」は結構愛読していたんですが、捨てちゃいました(涙)
今、読んだら楽しいでしょうね~

捨てたことを後悔してるのは、ロッキング・オンとプレイヤー・マガジンです(泣)。。。

>そうそう、ヤングギターは楽譜も載っていたんですよね! 
あれで、ギターに挑戦しようとしましたが、失敗に終わりました(笑)

そう、ギター・タブ譜ってのがついてまして(笑)。
あれで弾けても上手くなれないんですが。。
  1. 2006/11/08(水) 19:20:02 |
  2. URL |
  3. noodles #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

ガブリエルさん

>ミュージックライフ、プレイヤー、ギターマガジン、
サウンド&レコーディングマガジンはよく読んでました。
BURRNはもちろん知ってますし読んだ事もありますが、
買った事は無かったかも・・・。
しかしメタルな表紙ですね~(笑)
ヤングギターも一時期よく買ったなあ・・・。

あ、ガブリエルさんでもヤング・ギターは買ってたんですね?(笑)
  1. 2006/11/08(水) 19:21:23 |
  2. URL |
  3. noodles #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

すごい!

おお!創刊号だ!
昔の雑誌って今読んだら面白そう!
ミュージックライフとかもとっておけばよかった・・・。

ちなみにこの Burrn は、アメリカのタワーレコードに行ったとき、
普通に他の雑誌と並んでいたのが印象的でした。
英語版とかじゃなく、日本語版なのに。
どうもHM系の雑誌が向こうに少ないということで、
マニアの間では結構貴重な存在だったみたいですね。
  1. 2006/11/23(木) 18:23:04 |
  2. URL |
  3. Penguinland #-
  4. [ 編集]

Re:すごい!

penguinlandさん

>おお!創刊号だ!
昔の雑誌って今読んだら面白そう!
ミュージックライフとかもとっておけばよかった・・・。

僕もプレイヤーマガジンとか、ロッキングオンとかヤングギターとかもとっておけば、、と後悔しています(笑)。

>ちなみにこの Burrn は、アメリカのタワーレコードに行ったとき、普通に他の雑誌と並んでいたのが印象的でした。
英語版とかじゃなく、日本語版なのに。
どうもHM系の雑誌が向こうに少ないということで、マニアの間では結構貴重な存在だったみたいですね。

そうなんですか?(笑)
確かイギリスの『ケラング』かなんかのパクリですよね?!

  1. 2006/11/24(金) 11:51:22 |
  2. URL |
  3. noodles #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/tb.php/36-eeed9da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Contents

全ての記事を表示する

プロフィール

noodles2

Author:noodles2
ブラックストライプへようこそ!
ロックとロックな生き方を愛し、模索する1957年生まれ。
大人になれないオヤジのロック・レビューです。


↓ここのTシャツがお気に入り!


デザインTシャツ人気ランキング

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。