1. 無料アクセス解析


logo_black.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホワイトスネイク/大人になれないオヤジのロック19。

00ws.JPG
携帯用画像はこちら


01ws.JPG
携帯用画像はこちら


02ws.JPG
携帯用画像はこちら

これは1983年のホワイトスネイク武道館公演のパンフレット。
記憶も曖昧だが、僕は2月22~23日のどちらかに行ったことになる。
1978年のデビューから、3度目の来日であったようだ。
ホワイトスネイクは、1976年7月のディープ・パープル解散まで、ラスト2年半をボーカリストとして在籍したデヴィッド・カヴァーデールのバンドである。
彼が神経質なのか、このバンドはメンバーが定まらない。
このときの来日メンバーは3度目のメンバーチェンジ後の新生ホワイトスネイクである。
オリジナル・メンバーはディープ・パープル以来のジョン・ロードのみ。
実はこの来日公演は当時のニューアルバム『セインツ・アンド・シナーズ』発売に伴う世界ツアーであった。
『セインツ・アンド・シナーズ』の録音後、ほとんどのメンバーが脱退してしまい、当時解散説まで浮上した。

その頃のエピソードとして、ゲイリー・バーデンを首にしたマイケル・シェンカーがコージー・パウエルと結託し、マイケル・シェンカー・グループの新ボーカリストにデヴィッド・カヴァーデールを迎えようという暴挙にでたことがあった。
僕はマイケル・シェンカーも大好きであるが、デヴィ・カヴァのマイケル・シェンカー・グループはないだろう! と悲嘆にくれた憶えがある。
「マイケル・シェンカーって、ほんと頭弱いなあ」とつくづく思った。
実はデヴィッド・カヴァーデールとコージー・パウエルは私生活レベルの旧友だったのである。
それが災いしてか、逆にデヴィッド・カヴァーデールがコージー・パウエルを誘い、この新生ホワイトスネイクが誕生したのである。
結果、渡り鳥コージーに振り回されたかたちだ。
ああ、哀れマイケル・シェンカー……。

話を戻すが、僕がデヴィッド・カヴァーデールのファンになったのは、勿論ディープ・パープル『BURRN』からであることはいわずもがな、ある音楽雑誌のグラビアのデヴィ・カヴァのファッションだった。
黒のシャツに白蛇皮の細いネクタイ、ブルージーンズ、白蛇皮のベルト!
典型的なロック・ファッションなのだが、腕時計がなんとカルティエであった!!
確か、百万円単位のカルティエをはめたデヴィ・カヴァは、カッコ良過ぎた。
なるほど、昔ファッション・モデルだっただけはある、と思った。

だが、この来日公演のパンフレットのデヴィ・カヴァは、ちょっとね~。
レッグ・ウォーマーかい!
メンバーもベテラン勢による“燻し銀”といえば聞こえが良いが、ロートル集団だし……。

左から、コージー・パウエル(D)、メル・ギャリー(G)、デヴィッド・カヴァーデール(V)、ミッキー・ムーディ(G)、ジョン・ロード(K)、コリン・ホッジキンソン(B)
03ws.jpg
携帯用画像はこちら


実は当時、デヴィ・カヴァのカルティエのコピーをアメ横で買った。
しかし、数週間で僕の模造カルティエは上蓋のガラスが落ちてしまった……。
今となっては若かりし良き思い出である。
今年の正月、アサヒビールのテレビCFで、『ヒア・アイ・ゴー・アゲイン』が使われていたが、僕と同世代のプロデューサー氏が関わっていることは明白である。
それぞれの思い出の中に、デヴィッド・カヴァーデールの勇姿が刻まれているんだね、きっと。

【Aポイント付】ホワイトスネイク Whitesnake / Saints & Sinners(CD)
【Aポイント付】ホワイトスネイク Whitesnake / Saints & Sinners(CD)

♪試聴はここで!

★今すぐ観ちゃう?






人気blogランキングへ←大人のロックを盛り上げよう!







  1. 2006/10/12(木) 18:18:24|
  2. 大人のロック。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ラット/大人になれないオヤジのロック20。 | ホーム | ごあいさつ。>>

コメント

ホワイトスネイクに参加したギタリストって、凄い面子ですよね。

ミッキー・ムーディ
バーニー・マースデン(元UFO)
メル・ギャレー(元トラピーズ)
ジョン・サイクス(元シン・リジィ)
エイドリアン・ヴァンデンバーグ(元ヴァンデンバーグ)
ヴィヴィアン・キャンベル(元ディオ)
スティーヴ・ヴァイ(元アルカトラス~デイヴィッド・リー・ロス・バンド)
ウォーレン・デ・マルティーニ(元ラット)
ダグ・アルドリッチ(元ライオン~ディオ)
レブ・ビーチ(元ウィンガー~ドッケン)

※Wikipediaより引用

ラットのウォーレン・デ・マルティーニがどんなプレイを
していたのか興味があります(評判はイマイチだったみたいですが)。
  1. 2006/10/12(木) 18:40:31 |
  2. URL |
  3. カブリエル #-
  4. [ 編集]

ガブリエルさん

ミッキー・ムーディーは手元の資料によると、ジューシー・ルーシー、スナフーというバンドに所属していたようです。
スライド奏法とかアメリカンなギタリストですね。
  1. 2006/10/12(木) 19:21:55 |
  2. URL |
  3. noodles #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

By.Tkz

バウワウが大好きだった中1の俺を、洋楽の道に導いたのが、ラブハンターでした。
うねる様なセクシーな声がたまらなく好きになって、
そこからディープパープルの道に戻ったという若輩者です。(^^;
  1. 2006/10/17(火) 22:02:38 |
  2. URL |
  3. Tkz #-
  4. [ 編集]

Tkzさん

>バウワウが大好きだった中1の俺を、洋楽の道に導いたのが、ラブハンターでした。
うねる様なセクシーな声がたまらなく好きになって、
そこからディープパープルの道に戻ったという若輩者です。(^^;

なるほど、幼気な中1がラブハンターされちゃったわけですね(笑)。
でも、ホワスネからパープルに入るってのは、世代ならではですね!
  1. 2006/10/18(水) 15:08:28 |
  2. URL |
  3. noodles #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

昔 京都のクラブハウスでバウワウのVo元基さんのパワフルな歌声に感激し・・・後にサバス、パープル等聴きだして、デヴィッド・カヴァーデール氏のソウルフルな歌声に惹かれHR/HMの道にはまったワタクシです。いまだにこの頃集めた音源が宝物です!!!     またのぞかせてもらいますね。
  1. 2006/10/27(金) 23:48:31 |
  2. URL |
  3. 紫らいおん #-
  4. [ 編集]

紫らいおんさん

>昔 京都のクラブハウスでバウワウのVo元基さんのパワフルな歌声に感激し・・・後にサバス、パープル等聴きだして、デヴィッド・カヴァーデール氏のソウルフルな歌声に惹かれHR/HMの道にはまったワタクシです。いまだにこの頃集めた音源が宝物です!!! またのぞかせてもらいますね。

カッコよかったですよね~!
デヴィッド・カヴァーデール!!
今、何歳だろう……。。。
  1. 2006/10/31(火) 16:32:46 |
  2. URL |
  3. noodles #EpUBdlCE
  4. [ 編集]

you tubeで

noodles2様

初めまして。突然にすみません。カヴァーデイルで検索してきました。「スーパーロック84 in JAPAN」から彼のファンになった、新参者です(^^;
とても興味深く拝読しました。パウエルR..I..P.と友人だったんですね・・・残念です。

ご存知でしたらお恥ずかしいのですが、
you tube に、
Whitesnake - Don't break my heart again
というタイトルの動画があって、
たぶん、書いておいでの衣装で歌っていると思うのです。彼のステージ衣装の中ではピカイチかっこいいスタイルですね(^^
時計がすごいなあ、と思っていたのですが、カルティエだったのですね!
また寄らせて頂きます(^^
  1. 2009/05/13(水) 14:41:20 |
  2. URL |
  3. koguma46 #-
  4. [ 編集]

Re:you tubeで

koguma46さん

コメントありがとうございます。
Whitesnake - Don't break my heart again
僕も大好きな動画です。
この曲は、彼等の初期の大好きなナンバーのひとつです!

  1. 2009/05/25(月) 14:29:59 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/tb.php/21-2fc74fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Contents

全ての記事を表示する

プロフィール

noodles2

Author:noodles2
ブラックストライプへようこそ!
ロックとロックな生き方を愛し、模索する1957年生まれ。
大人になれないオヤジのロック・レビューです。


↓ここのTシャツがお気に入り!


デザインTシャツ人気ランキング

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。