1. 無料アクセス解析


logo_black.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガンズ・アンド・ローゼズ『CHINESE DEMOCRACY』/大人のための最新ロック情報16。

00guns_08_11_28.jpg

昨年からの往年のロックバンド、新作リリース・ラッシュ。

このクラシック・ロック・ムーヴメントとも呼ばれる状況を、“ ぶれない独楽 ” に例えながら、それらの新作の真偽を、牛歩ながらレビューし続けているわけですが、かねてよりお伝えしていたガンズ・アンド・ローゼズの新作が11月22日、遂に登場しました!



Guns 'N Roses / チャイニーズ・デモクラシー

GUNS N' ROSES『チャイニーズ・デモクラシー/CHINESE DEMOCRACY』。
01. Chinese Democracy
02. Shackler's Revenge
03. Better
04. Street Of Dreams
05. If The World
06. There Was A Time
07. Catcher N' The Rye
08. Scraped
09. Riad N' The Bedouins
10. Sorry
11. I.R.S.
12. Madagascar
13. This I Love
14. Prostitute

全世界初回出荷は400万枚を超え、日本でのオリコン・ランキング、アルバムTOP100では、12/1日付で初動5.8万枚をセールス。赤丸3位。
同オリコン輸入盤、総合洋楽、国内盤ランキング共に1位獲得。
因に同様に初登場3位を記録したAC/DC『BLACK ICE』の初動が、1.9万枚だったことを考えると、今作がいかに待望されていたかがわかるというもの。

オリジナル・アルバムとしては17年ぶり。
今作のレコーディング開始は1994年。実に14年の歳月と14億円とも噂される制作費が投じられたという。
さらに水面に浮かんでは消える泡のように、発売が噂され、断ち消え、アルバム名のみが独り歩きするという状況が続いてきた。

思えば、ガンズの栄光は短かった。
今作を除けば、アルバム数はたったの5枚。

1987年 Appetite For Destruction (アペタイト・フォー・ディスクトラクション)

アペタイト・フォー・ディストラクション/ガンズ・アンド・ローゼズ[SHM-CD]

1988年 GN'R Lies (GN'R ライズ)

ガンズ・アンド・ローゼズ/GN’Rライズ

1991年 Use Your Illusion I (ユーズ・ユア・イリュージョン1)

Guns N' Roses / Use Your Illusion 1

1991年 Use Your Illusion II (ユーズ・ユア・イリュージョン2)

Guns N' Roses / Use Your Illusion 2

1993年 The Spaghetti Incident? (ザ・スパゲティ・インシデント?)

ザ・スパゲティ・インシデント?/ガンズ・アンド・ローゼズ[CD]

あれから、約17年の時を経て今作は発表されたわけである。

そんな経緯から、自ずとファースト・アルバムでありながら至上の傑作となった『Appetite For Destruction』のような疾走感を期待しながら、CDを回すことになる。
しかし、そこには80〜90年代のようなギター・リフ中心のガンズは存在しない。
既にご承知のように、現在のガンズはアクセル・ローズ独りである。
ブルージーでヘヴィ・メタリカルな、スラッシュのギターの代わりに、アクセル・ローズという杞憂のロック・ジャンル一色で埋め尽くされている。
以前にも書いたがガンズはアクセルであり、アクセルがガンズというロック・ジャンルを表出している。

かつてはその固有のジャンルに、スラッシュのギターが添えられることで、80〜90年代初頭のヘヴィ・メタル・ムーヴメントの一因となされていた。と僕は思っている。

それがいまや、年間にして1億円の巨費をつぎ込みながら14年間継続してきた独りガンズ、いやアクセル=ガンズが、独り歩きしている状況なのだ。
詰まり、まだまだガンズというの名のアクセルのロックは進化の途中なのである。

02guns_08_11_28.JPG

そんなわけで今作を一聴すると、各楽曲にまとまりがなく散漫に感じてしまうかもしれない。それは前述の通り、ヘヴィ・メタルという衣装を纏わない裸のアクセル・ローズのソロ・アルバムだと思えば、そのアプローチに異空の意味が浮上してくる。
かつての、バンドとしてのガンズ・アンド・ローゼズの短い活動期間から、17年が移ろったことを考慮すれば、今作におけるガンズの進化は当然であり、僕らの思惑を根底からひっくり返す楽曲群の個性が、俄然輝きを放つ。

クラシック・ロック・ムーヴメントという潮流に乗せて輸送されてくる、新作という名の仮面をつけた往年のセルフ・カヴァー的なロック(お約束のロック)は、そこには一かけらも存在しない。

既に風化した侘び寂びを尊ぶこの国の仏像ブームと、ガンズの17年の進化を混同してはいけない。
例えばタイの寺院に、常にピカピカに修復されながら現在も輝き続ける仏陀像こそ進化し続ける仏教の歴史を象徴しており、ガンズのそれも同じステータスなのだ。

だから、AC/DCのような繁栄時代に築いたスタイルで回り続ける “ ぶれない独楽 ” ではなく、自らのロックであるガンズを、現在進行形で回し続ける(崩し続ける)、アクセルという “ ぶれない独楽 ” を、僕は膝を正して迎え入れたい。

03guns_08_11_28.jpg




GUNS N' ROSES公式HP



●過去のガンズ関連記事。
・『ガンズ・アンド・ローゼズ/大人になれないオヤジのロック46。
・『スラッシュ(ガンズ・アンド・ローゼス)/大人のギタリスト講座10。
・『大人のための、最新ロック情報!
・『スラッシュ/大人のための、最新ロック情報2。







←Click! We Love “ROCK”!!

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

  1. 2008/11/28(金) 19:16:01|
  2. 大人のロック。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<ラウドネス樋口宗孝氏。追悼週間(7)/黙祷・・・ | ホーム | AC/DC『悪魔の氷/Black Ice』/大人のための最新ロック情報15。>>

コメント

自分も聴きましたが
これはアクセル・ローゼズであり
ガンズ・アンド・ローゼズではない気がします
自分もウェルカム・トゥ・ザ・ジャングルやスウィート・オブ・チャイルドなんかのガンズの曲と合わせて聴きましたが
やはりもの足りませんね
オリジナルメンバーで再結成しそしてCDを出すなら自分は改めてガンズ・アンド・ローゼズを受け入れたいです
今のガンズはガンズとは言えないのが寂しいです
  1. 2008/12/18(木) 19:17:16 |
  2. URL |
  3. 15 #-
  4. [ 編集]

15さん

アクセルのソロだったら納得しますが、ガンズといわれると微妙なところですね。
でも、日本では異常に売れているようです。
  1. 2009/01/28(水) 13:21:05 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

はじめまして

まだ20代後半の若造ですが、自分もガンズのこの新作には10年ほど待ちました

洋楽に目覚めたのは、中学生のころに聞いたガンズのおかげなので
特別な思い入れのあるバンドです

自分はスラッシュが好きだったので、このアルバムを聞くまでは
「メロディーセンスはアクセルのものだろうけど、ガンズとしての音はスラッシュの影響が大きい」と考えていました

なので、発売を楽しみにはしていましたが、それほど期待はしていませんでした

ですが、聞いて思ったとは
ガンズの曲の最大の武器は、ギターの音でも、メロディーでもなく
展開力だったんだな、と感じました

そして、思い出してみると、自分が好きだった曲は
ロケットクイーンだったり、パラダイスシティだったり
どれもいくつもの展開がある曲ばっかりでした

どこに重点を置くかで、曲の良し悪しは人それぞれでしょうが
自分の中では、まさにガンズだなと思わされました

ガンズ=スラッシュじゃないの?から、
ガンズ=アクセルなんだな
と、やっと理解できたように思いました


  1. 2010/12/26(日) 01:42:12 |
  2. URL |
  3. kj #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

> はじめまして
>
> まだ20代後半の若造ですが、自分もガンズのこの新作には10年ほど待ちました
>
> 洋楽に目覚めたのは、中学生のころに聞いたガンズのおかげなので
> 特別な思い入れのあるバンドです
>
> 自分はスラッシュが好きだったので、このアルバムを聞くまでは
> 「メロディーセンスはアクセルのものだろうけど、ガンズとしての音はスラッシュの影響が大きい」と考えていました
>
> なので、発売を楽しみにはしていましたが、それほど期待はしていませんでした
>
> ですが、聞いて思ったとは
> ガンズの曲の最大の武器は、ギターの音でも、メロディーでもなく
> 展開力だったんだな、と感じました
>
> そして、思い出してみると、自分が好きだった曲は
> ロケットクイーンだったり、パラダイスシティだったり
> どれもいくつもの展開がある曲ばっかりでした
>
> どこに重点を置くかで、曲の良し悪しは人それぞれでしょうが
> 自分の中では、まさにガンズだなと思わされました
>
> ガンズ=スラッシュじゃないの?から、
> ガンズ=アクセルなんだな
> と、やっと理解できたように思いました

はじめまして。
ご訪問&コメント感謝します。

そうでしたか。
新作、かなり気にいったようですね。
往年のガンズ・サウンドがスラッシュのギターだったことは認めざるを得ません。
そして誰もが待った音は往年の音だったと思います。

ロックの場合ボーカリストが作詞し、ギタリストが作曲という分担が多く、ガンズもそうだと思います。
何故なら新作のアクセルだけのガンズ・サウンドはあまりに往年のものと違いますから。

そして最近のスラッシュのバンドを見ると、まんま往年のガンズ・サウンドだったりします。
詰まりスラッシュはワンパターンのギタリストだといえます。

そういう意味で、ガンズというサウンドや境地に幅を持たせた新作は、意味があったと思いたいですね。
ただ次があるのかどうか・・・
  1. 2011/01/18(火) 13:42:21 |
  2. URL |
  3. noodles3 #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2011/02/14(月) 00:31:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/tb.php/151-5eab29e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Contents

全ての記事を表示する

プロフィール

noodles2

Author:noodles2
ブラックストライプへようこそ!
ロックとロックな生き方を愛し、模索する1957年生まれ。
大人になれないオヤジのロック・レビューです。


↓ここのTシャツがお気に入り!


デザインTシャツ人気ランキング

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。