1. 無料アクセス解析


logo_black.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デフ・レパード、新譜・祝来日♪/大人のための、最新ロック情報4。

00def_lepa_08_5_13.jpg

前回のホワイト・スネイクに続き、1980年代の往年ロック・バンドのリリース・ラッシュが続いています。

オリジナル・スタジオ・アルバムとしては、『X』以来6年ぶり。
先月28日、デフ・レパード『Songs From The Sparkle Lounge』がリリースされた。


ソングス・フロム・ザ・スパークル・ラウンジ

※デフ・レパード来歴は過去記事で!

ジョー・エリオットの自宅で録音された今作はプロデューサーにローナン・マックヒューを迎え入れ、 『パイロマニア』『ヒステリア』的な楽曲を、硬質で骨太な『High 'n' Dry』的サウンド・プロダクションで組みあげたとのこと!

01def_lepa_08_5_13.JPG

02def_lepa_08_5_13.JPG

僕は、レコーディングのメイキング&インタビュー、シングル “ Nine Lives ” のPV入りボーナスDVD付きスペシャル・エディション版¥2890を渋谷HMVで購入。(大人ですから)
こちらと紙ジャケ盤(アルバムと同時発売)だけが高音質で話題のSHM-CD仕様!

01. Go(Collen/Elliott) ←曲をチェック♪
02. Nine Lives(Collen/Savage/Elliott/McGraw)←動画をチェック♪
03. C'Mon C'Mon(Savage) ←曲をチェック♪
04. Love(Savage) ←曲をチェック♪
05. Tomorrow(Collen) ←曲をチェック♪
06. Cruise Control(Cambell) ←曲をチェック♪
07. Hallucinate(Collen) ←曲をチェック♪
08. Only The Good Die Young(Cambell) ←曲をチェック♪
09. Bad Actress(Elliott) ←曲をチェック♪
10. Come Undone(Elliott) ←曲をチェック♪
11. Gotta Let It Go(Cambell) ←曲をチェック♪
リード・シングル “ Nine Lives ” はカントリー界のスーパースター、Tim McGrawをフィーチャー。

デフ・レパード現在のメンバーは、
●ジョー・エリオット (Joe Elliott) :リードヴォーカル アコースティックギター ピアノ
●リック・サヴェージ (Rick Savage):ベース ヴォーカル
●リック・アレン (Rick Allen) :ドラム担当。
●フィル・コリン (Phil Collen) :ギター ヴォーカル
●ヴィヴィアン・キャンベル (Vivian Campbell) :ギター ヴォーカル

03def_lepa_08_5_13.JPG

肝心の仕上がりだが、正に『パイロマニア』『ヒステリア』的なアプローチではあるがデフ・レパならではの粒揃いな楽曲が健在で懐かしくも、リック・サヴェージやヴィヴィアン・キャンベルらによるビートルズを彷彿させるポップ・ソング “ Love ” “ Only The Good Die Young ” が良いアクセントとなり新境地を見せている。

Def Leppard - Rock! Rock! Till You Drop ←動画をチェック♪
Def Leppard - Photograph ←動画をチェック♪
Def Leppard - Foolin ←動画をチェック♪
Def Leppard - Women ←動画をチェック♪
Def Leppard - Love Bites ←動画をチェック♪
Def Leppard - Hysteria ←動画をチェック♪

なにより『パイロマニア』『ヒステリア』時代のスティーヴ・クラーク(1991年没)&フィル・コリンのギター・アンサブルは即興性を排除して徹底的に構成・構築されたものだったが、ヴィヴィアン・キャンベルの緻密な構成の中にもレスポール+ワウ・ペダル効果がワイルドで、よりメタリックなサウンドが醸しだされている。

05def_lepa_08_5_13.JPG

バンドは先週金曜日(5月9日)、ニュー・アルバム『Songs From The Sparkle Lounge』のリリースを記念しロンドンのイズリントン・アカデミーでパフォーマンス。30年におよぶキャリア、6,500万枚ものアルバムを売ってきた彼らが、たった800人のファンの前でプレイするのは25年ぶりだという。

ジョー・エリオット曰く、
「スタジアムはある程度、安全だ。でも、こういった小さなギグになると、オーディエンスが俺たちについて何話してるのかマル聞こえだし、彼らが置いたビールのグラスにも気をつけなきゃならない」
「何度かマイク・スタンドを持ち上げようと思ったんだけど、サヴ(リック・サヴェージ/ベース)の頭に振り落としちゃうんじゃないかって心配したよ」と語っている。

06def_lepa_08_5_13.JPG

『Songs From The Sparkle Lounge』は、Billboard Top 200アルバム・チャートの5位をマーク。英国のチャートでも10位に初登場。
日本でも、5月12日付オリコン洋楽アルバムチャートで6位。

因に前回ホワイトスネイクの記事でもお知らせした、デフ・レパード&ホワイトスネイクのダブル・ヘッド・ライナーによる公演が、10月23、24日に東京・日本武道館でも実現することが9日発表された。

DVDには、フィル・コリン&ヴィヴィアン・キャンベルによる全曲解説&レコーディング模様が収録されているが、ジョー・エリオットの自宅でメンバー全員が膝を突き詰め寝食を共にしながらの製作模様が興味深い。

04def_lepa_08_5_13.JPG

そして、映像を観ているうち、メンバーの健在ぶりに妙に感激。
本日午前11時からの、インターネット・チケット先行販売で、10月24日(金)のS席チケットを買いました〜♪(大人ですから!)

ホワイト・スネイクは3度目(武道館では2度目)、無論いまの布陣では初。
デフ・レパは全く初めてなので、久しぶりにオヤジは高揚しております!!



♪デフ・レパード公式HP






←One Day One Click! We Love“ROCK”!!

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

  1. 2008/05/13(火) 18:14:24|
  2. 大人のロック。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ツェッペリン・ワールド・ツアー?/大人のための最新ロック情報5。 | ホーム | ホワイト・スネイク『グッド・トゥ・ビー・バッド/GOOD TO BE BAD』/大人のための、最新ロック情報3。>>

コメント

僕も行きます♪

お久しぶりです!そうそう、武道館のダブルヘッドライナーですが、同じくS席ゲットしましたよ!一緒に楽しみましょうね!ワクワクしてます。。。
  1. 2008/06/16(月) 21:35:06 |
  2. URL |
  3. 歌番兄さん #-
  4. [ 編集]

Re:僕も行きます♪

歌番兄さんさん

ご無沙汰しておりました。コメントありがとうございます。

>お久しぶりです!そうそう、武道館のダブルヘッドライナーですが、同じくS席ゲットしましたよ!一緒に楽しみましょうね!ワクワクしてます。。。

おお、行かれますか〜!
僕は、演歌好きな息子を開眼させるべく、家族3人で行く予定です(笑)♪
  1. 2008/06/18(水) 12:31:03 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/tb.php/138-4a9da8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Contents

全ての記事を表示する

プロフィール

noodles2

Author:noodles2
ブラックストライプへようこそ!
ロックとロックな生き方を愛し、模索する1957年生まれ。
大人になれないオヤジのロック・レビューです。


↓ここのTシャツがお気に入り!


デザインTシャツ人気ランキング

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。