1. 無料アクセス解析


logo_black.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キース・リチャーズ/大人のギタリスト講座24。

00keith richads.jpg
携帯用画像はこちら


1943年12月18日。
英国ケント州ダートフォードにて、キース・リチャーズは生を受けた。

そしてこの日が、ブリティッシュ・ロック、いや四半世紀のロック史を名実ともに支え続けることになるザ・ローリング・ストーンズの輝かしい軌跡への旅立ちとなる記念すべき日となったことは、いうまでもあるまい。

前回はキース自身の言葉から、その人間性にせまったが、今回はギタリスト、キース・リチャーズに接近してみたい。

ギタリストであり、ヴァイオリンとサックスのプレイヤーでもあった祖父から、優良な音楽環境を提供されていたキースは、5歳の頃スクリーンの中のロイ・ロジャースに憧れ、遊び友達のミック・ジャガーに、ロイ・ロジャースみたいなギタリストになるんだ、と話していたという。

1956年13歳の頃、母親の援助を得て初めて手に入れたのが、ロゼッティ・スパニッシュというガット弦のアコースティックであった。
そして、この頃初めてロックン・ロールにも出逢っている。

01keith richads.jpg
携帯用画像はこちら


最初に覚えた曲は、エルヴィス・プレスリーの“That's All Right”であり、譜面など読めない彼は、クリフ・リチャードリッキー・ネルソンバディ・ホリー、といったギタリストのレコードを聴きながら、コピーに明け暮れた。
とりわけ、チャック・ベリーからの影響が大きく、
「チャックこそ俺のすべてだった。蒼臭いティーン・エイジャーだった俺に、絶対ギター弾きたいっ! といわせたのがチャック・ベリーだったのさ」と語っているほどだ。

1959年、シドカップ美術大学に進んだキースは、校内で自分以外のギター・プレイヤーから、ジャズ、ブルース、アメリカン・フォークと様々なジャンルの音楽に刺激を受ける。
ランブリン・ジャックウディ・ガスリーといったフォーク・アーティストや、ジョン・リー・フッカージミー・リードウィリー・ディクソンフレッド・マクダウェルブラインド・ウィリー・マクテルエルモア・ジェイムススリム・ハーポロバート・ジョンソンビック・ビル・ブルーンジーといったブルースマンを聴きまくり、マディ・ウォーターズが特にお気に入りだったという。

この頃、自らもバンド活動をはじめたキースに、リズム・ギター・スタイルを
植えつけたのが、エヴァリー・ブラザーズのドン・エヴァリーだったようだ。

02keith richads.jpg
携帯用画像はこちら


1963年、ミック・ジャガー、ブライアン・ジョーンズとザ・ローリング・ストーンズを結成。
バンド名は、敬愛するウォーターズの曲“Rollin' Stone”からとっており、後にストーンズは何度となくウォーターズのバックを務めている。

「もしも俺たちの力で誰かの興味をウォーターズやジミー・リード、ジョン・リー・フッカー、ハウリン・ウルフに惹きつけることができたら、俺らの仕事は成功したってことだ」(キース・リチャーズ談)

1963年、デッカ・レコードと契約。
1965年、“Satisfaction”が、全米・全英のポップ・チャートNo.1となる。
1967年、ドラッグ所持でミック・ジャガーとともに逮捕されるが、保釈金で釈放され訴訟の末、懲役を免れる。

03keith richads.jpg
携帯用画像はこちら


先述したように、ギターをはじめたころのキースはカントリー・ミュージックからの影響が多く、1968年にバーズ、フライング・ブリット・ブラザーズのグラム・バーソンズ出逢い、様々なプレイを学んだ。
とりわけ十八番のオープンGチューニングや、ナッシュヴル・チューニングをマスターし、アルバム『Sticky Fingers』の“Wild Horses”で披露している。

なんといってもキースの奏法でユニークなのは、6弦を外した5弦のオープンGコード(G、D、G、B、D、5弦→1弦)・チューニングで、“Brown Suger”“Honky Tonk Women”“Start Me Up”などが有名だ。
また、“Street Fighting man”“Jumping Jack Flash”では、オープンD(A、D、F# 、A、D、5弦→1弦)と、オープンE(B、E、G#、B、E、5弦→1弦)を使っている。

05keith richads.jpg
携帯用画像はこちら


ストーンズ結成の頃、エピフォングレッジギブソンらを好み、特にギブソン・レスポールを愛用していたが、1960年代後半からフェンダー・テレキャスターへと移行。現在までほとんど変わっていない。
メインはフロントにハムバッキング、リアにシングル・コイルの黒い1972年製テレキャス・カスタム。
その他にも、1950年代初期のブロンドのテレキャスも何本か所有し、フロントがギブソンPAFに交換されているものや、1967年製ローズウッド・テレキャス・サンバーストや、1957年製ブロンド・テレキャスはロン・ウッドから買ったものでお気に入りの一つだ。

ピックはアーニー・ボールのミディアム。弦もアーニー・ボール(.010~.046)のセットで、5弦で使うゲージは(.011 .015 .018 .023 .042)である。

ごく初期のアンプはハーモニーのものだったが、すぐにヴォックスに替わり、1970年代初期にはアンペッグV-4、後期にはフェンダーとメサ/ブギーのコンビネーションをアンペッグSVTにつないで使用。
ステージではメサ/ブギーのマークIIIサイマル・クラスと1957-フェンダー・ツイン、50Wマーシャル・スーパー・リード、それに1956フェンダー4×10ベースマンを通している。
スタジオでは小型、あるいは安物のアンプを使う主義で、フェンダー・チャンプやケイ、シルヴァートーンなどが使われるようだ。

04keith richads.jpg
携帯用画像はこちら


「バンドにキースさえいれば他の連中を聴く必要がないんだ。僕とキースのとこだけ決まればGOってことさ。彼とプレイするのって楽しいし、僕はただ彼のやることに着いていっているだけなんだ」(チャーリー・ワッツ談)

ワイルドで、ミスター・ロックンロールを地でいくようなキースだが、近年は自他ともに認めるマイホーム主義者だそうで、

「彼は自分を暴君みたいに考えるのが好きなんだ。でも本当のところは正直な話、ただの子猫ちゃんなのさ。ただいわれたとおりにやってるだけなんだよ」(ミック・ジャガー談)

本当のところはどうなのだろう?
ただ、彼のギター・アプローチは確乎たるものであり、

「ほとんどの連中はバンドってものをわかってないのさ。ミュージシャンっていうのは、バンドにいたら全体のサウンドをまず考えなきゃいけないんだよ。バンドってのはソロやエゴを見せびらかすところじゃないんだから」(キース・リチャーズ談)

と進言してはばからない。
ロックン・ロール、ブルース、カントリー、レゲエ、ファンクを取り入れたキース・リチャーズのサウンド・メイクへの飽くなき探求を見ても、ストーンを通じ40年余り、常にロックの王道を歩んできたキースの役割はあまりにも重要だ。

06keith richads.jpg
携帯用画像はこちら


最後に蛇足だが、Forbes.comによると、昨年6月から最も収入のあったミュージシャンは、“Bigger Bang”ツアーで4億3700万ドル(約502億円)の収益をあげ、その内8800万ドル(約101億円)を得たストーンズだったそうだ……。


♪キース・リチャーズ公式サイト


●The Rolling Stones - Paint It, Black

●Rolling Stones - Satisfaction

●The Rolling Stones-Wild Horses (Stripped)

●Rolling Stones "Brown Sugar"

●The Rolling Stones - Honky Tonk Women

●Rolling Stones - Start Me Up(1990 JPN Tour)

●The Rolling Stones - Street Fighting Man (1972)

●The Rolling Stones - Jumpin' Jack Flash

●ANGIE - THE ROLLING STONES / AJDA PEKKAN ® Community C.A.

●keith richards blues acoustic

●Norah Jones & Keith Richards - Love Hurts

●Keith Richards Dead Flowers live

●Keith Richards - Goin' Down

●Keith Richards - Somethin' Else

●Jimi Hendrix with the Rolling Stones (Long version)

●Keith Richards In Pirates of the Caribbean: At World's End.





Blog Ranking
←Click! We Love “ROCK”!!

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

  1. 2007/10/23(火) 13:15:19|
  2. 大人のロック。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【追記】イーグルス、28年ぶりの新譜、発売中! | ホーム | ウィッシュボーン・アッシュ/大人になれないオヤジのロック71。>>

コメント

はじめまして。僕は中3のストーンズファンです。
見てると中3の人いっぱいますね!なぜかうれしいです。
キースリチャーズカッコいいですね。
彼独特のカッティングも好きです。あれは練習しても見につけるのは難しいですよね。
僕はギター始めたばかりでパワーコードしか知らない初心者ですが、キースのようなカッティングができるようになりたいです。それまで頑張ります。
では失礼します。

  1. 2008/10/06(月) 17:26:07 |
  2. URL |
  3. コークファン #-
  4. [ 編集]

コークファンさん

>あれは練習しても見につけるのは難しいですよね。

そうですね。
キースのようにドラッグとジャックダニエルをラッパ飲みしなければ体得できないでしょう。

おっと、未成年の飲酒と成人だろうが、ドラッグはいけません。

中学生のファンに元気をもらえて、嬉しいです。
コークの飲み過ぎに注意してね♪
  1. 2008/11/14(金) 21:34:58 |
  2. URL |
  3. noodles2 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/tb.php/110-221e6e08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Contents

全ての記事を表示する

プロフィール

noodles2

Author:noodles2
ブラックストライプへようこそ!
ロックとロックな生き方を愛し、模索する1957年生まれ。
大人になれないオヤジのロック・レビューです。


↓ここのTシャツがお気に入り!


デザインTシャツ人気ランキング

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。