1. 無料アクセス解析


logo_black.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボブ・ディラン2/大人になれないオヤジのロック68。

00Dylan2.jpg
携帯用画像はこちら


1964年『時代は変わる(The Times They are A-Changin'』において、22歳のボブ・ディランの中で変革が起きる。
今になってアルバム・ジャケットのポートレートを見ると、モノクロで陰鬱そうな表情。あきらかにディランの苦悩、迷いを予感させるものである。


ボブ・ディラン/時代は変る(CD)

実際、1963年に録音された『時代は変わる(The Times They are A-Changin'』では、「僕は変化のただ中にいる。もっと多くの悲惨な事象とその当事者のことをを歌うことが必要だ」と語り、辛辣なプロテスト・ソングでちりばめられている。

しかし、音楽史上重要な変革を担った次作に至るディランのパーソナルな方向転換は、『時代は変わる(The Times They are A-Changin'』発売直前の1963年11月22日の歴史的な出来事によって、決定的となるのである。
ジョン・F・ケネディ暗殺事件である。

01Dylan2.jpg
携帯用画像はこちら


大統領暗殺を知った彼は、「誰かが誰かを助けるために何か発言するなんて、もうやめるべきだ。奴らは“何かを変えたいなどと望むな”と人々に思い知らせようとしてるんだ」と、居合わせた友人に悲嘆の胸の内を語ったという。

そして、その悲嘆からプロテスト・ソングの可能性への不信とともに、当時時代を揺るがすリベラリストの代弁者に祭り上げられていた自信の危険をも感じ取っていた。大統領の次は“世代の歌声”である自分に銃口が向けられるのではないかという危機感である。
そしてボブ・ディランのメッセージは、よりパーソナルで内省的な方向へと向かったのだ。

02Dylan2.jpg
携帯用画像はこちら


社会派フォーク=プロテスト・ソングの旗手としてのイメージから、しだいにより私的なアプローチへとシフトしたのが、1964年『アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン(Another Side Of Bob Dylan)』であった。


《送料無料》ボブ・ディラン/アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン(CD)

その頃、2度目のアメリカ・ツアーを行っていたビートルズが、ボブ・ディランにコンタクトしてきた。ここでディランがビートルズにマリファナを教えたとされる会見である。
結果、ジョンとジョージはディランからの影響を感じさせる多くの曲を残した。
一方、ディランも音楽生には現れなかったが、バンド編成へと踏み出すきっかけになったとされ、“朝日にあたる家”をアニマルズがエレクトリック・アレンジでカヴァーし、大ヒットしたこともかなりの刺激になったとされる。


ボブ・ディラン/NICE PRICE!: ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム(CD)

1965年『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム(Bringing It All Back Home)』で、それはさらに顕著になり、A面は、それまでの弾き語りからバック・ミュージシャンを控えたエレクトリック・サイド。B面はアコースティックとサウンド・メイクにおいても確実に変革を見せている。
特に“ミスター・タンブリン・マン”は、歌詞も含めロックのフィールドを意識した代表例であり、同年のアルバム『追憶のハイウェイ61(Highway 61 Revisited)』では、その路線をさらに突き進むことになる。


《送料無料》ボブ・ディラン/追憶のハイウェイ61(CD)

僕がボブ・ディランを意識するようになったのもこのアルバムで、“ライク・ア・ローリング・ストーン/Like A Rolling Stone”は、今も僕のフェイバリット・ソングである。
以前街角で、とある FMラジオ番組のレポーターからリクエストを促されたことがあるが、迷わずこの曲をリクエストしたほどだ。
マイク・ブルームフィールドのギター、アル・クーパーの印象的なオルガンとディランの疾走するような歌声は、ミドル・テンポでありながら旋風のようなスピード感を醸し、正に“フォーク・ロック”というスタイルを完成させた記念碑的な曲である。

03Dylan2.jpg
携帯用画像はこちら


1966年『ブロンド・オン・ブロンド(Blonde On Blonde) 』では、そのフォーク・ロック・アプローチは決定的なものとなった。


《送料無料》ボブ・ディラン/ブロンド・オン・ブロンド(CD)

“ライク・ア・ローリング・ストーン”は、キャッシュボックス誌で初めてシングルチャートNo.1となり、ビルボードでは2位。因みに1位はビートルズの“Help!”だった。
他にも、“寂しき4番街/Positively 4th Street”、“雨の日の女/Rainy Day Woman #12&35”など、次々にヒット・チャートを賑わすことになる。

しかし、このディランの変革に対し、ファンの反応は二分した。
フォークの旗手ボブ・ディランを支持するファンと、エレクトリック・サウンドを受け入れるファンとに分断してしまったのである。

これはいまだに語り継がれる逸話であるが、1965年のニューポート・フォーク・フェスのステージに、ポール・バターフィールド・ブルース・バンドを従え、エレクトリック・ギターを抱えてステージに立ったディランに、プロテスト・ソングを支持する反体制派のオーディエンスから、コマーシャルな路線に身を売ったと痛烈な野次が飛び、演奏を中断されてしまう。

newport.jpg

携帯用画像はこちら


アコースティック・ギターを抱え、再びステージに戻ったディランが、泣きながら“イッツ・オール・オーヴァー・ナウ・ベイビー・ブルー/It's All Over Now,Baby Blue”を歌い、自らの旧作に決別を誓ったという伝説である。

だが先日NHKの深夜番組で、このエポック・メイキング的なライブが放映されたが、実際には歓声もあり、それほど酷い罵声をあびるわけではない。
サイ&バーバラ・リバコブが書いた伝記の中でドラマティックに誇張された話のようだ。
バンドで用意した曲だけでは時間が余ったため、アコギで再度ステージに戻って数曲を披露したに過ぎないという証言も存在する。

05Dylan2.jpg
携帯用画像はこちら


いずれにせよ、この記念碑的な3作により、多くの新しいファン層を掴むことになった訳であるが、前回も書いたように彼は元々ロックン・ロールに憧れ、バンド活動し、親や教師を困惑させていた。
フォークの旗手として登場したときに抱えていたマーティンのアコースティック・ギターも、それまで所有していたエレクトリック・ギターを売って入手したものだったのだ。

前述した彼自身の内省的な試行錯誤はいうに及ばない事実であるが、そういう意味において、ボブ・ディランはロックに転向したのではなく、ロックに立ち返ったといえるのではないだろうか……、という記述をどこかで読んだが、まったく同感である。

07Dylan2.jpg
携帯用画像はこちら




●Bob Dylan - The Times they are A-changin' -1965

●Bob Dylan - With God On Our Side

●Bob Dylan - To Ramona (Live 1965)

●Bob Dylan - It Ain't Me Babe

●Bob Dylan - She Belongs to Me III -1965

●Bob Dylan - Mr. Tanbourine Man (fragment) - 1965

●Bob Dylan - Gates of Eden - 1965

●Bob Dylan - Like A Rolling Stone 1966

●It Takes a Lot to Laugh, It Takes a Train to Cry

●Bob Dylan - Ballad of a Thin Man

●Bob Dylan - Queen Jane Approximately -1998 Brooksville

●Bob Dylan Highway 61 Revisited

●Bob Dylan Just Like Tom Thumb's Blues

●Bob Dylan Desolation Row Live 1966

●Bob Dylan - Rainy Day Women #12 and 35

●Bob Dylan - I want you

●Bob Dylan - Just Like A Woman





Blog Ranking
←Click! We Love “ROCK”!!

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

  1. 2007/09/26(水) 19:37:38|
  2. 大人のロック。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボブ・ディラン3/大人になれないオヤジのロック69。 | ホーム | ボブ・ディラン序章/大人になれないオヤジのロック67。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bosssikirock.blog79.fc2.com/tb.php/106-aac6a6ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Contents

全ての記事を表示する

プロフィール

noodles2

Author:noodles2
ブラックストライプへようこそ!
ロックとロックな生き方を愛し、模索する1957年生まれ。
大人になれないオヤジのロック・レビューです。


↓ここのTシャツがお気に入り!


デザインTシャツ人気ランキング

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。